SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

10代女性のSNS検索理由、「自分と似た人、興味のある人と出会いたい」がトップ/トレンダーズ調査

 トレンダーズは、同社のSNSトレンドとZ世代インサイトの研究機関「memedays(ミームデイズ)」において、「10代女性のSNS利用実態」を調査。以下、一部内容を紹介する。

10代のSNS投稿率、大人世代と約20ptもの差

 週3回以上SNS投稿をしているユーザーの割合を調べたところ、Twitterでは10代が48.0%、20~40代が29.5%。Instagramでは10代が59.0%、20~40代が42.0%という結果に。それぞれ、世代間で20pt近い差が表れた。

タップで拡大
タップで拡大

 「SNSで検索をしている」と回答したユーザーの割合は、Twitterでは10代が96.5%、20~40代が87.6%で8.9pt差に。Instagramでは10代が94.2%、20~40代が89.2%で5.0pt差という結果だった。これらの結果から、10代のほうが大人世代よりもSNSをアクティブに利用しており、投稿のハードルが低いことがうかがえる。

10代のSNS投稿のモチベーションが高まる要因は?

 Twitterにおける10代の投稿モチベーションは、「趣味関連の情報をシェアしたい」(20~40代と比較して23.2pt差)、「自分の作った創作物(イラストや動画など)を広めたい」(同13.4pt差)、「思い出や日常を記録したい」(同12.0pt差)、「ニュースや記事のシェアをしたい」(同5.7pt差)、「商品やイベントなどトレンド情報をシェアしたい」(同5.5pt差)、「自分用に情報を記録したい」(同3.2pt差)、「コミュニケーションしたい」(同1.7pt差)、という結果に。自分の好きなものをアピールしたり、“推し”を応援したりする、“推し事”に関する投稿や、自らの創作を広めるための投稿に関して、他世代よりもモチベーションが高いことがわかる。

タップで拡大

タップで拡大

 一方、Instagram投稿のモチベーションにおいては、「ニュースや記事のシェアをしたい」(20~40代と比較して13.9pt差)、「意見や想いを伝えたい」(同7.0pt差)、「コミュニケーションしたい」(同5.3pt差)、「自分の近況を伝えたい」(同0.5pt差)という結果に。「ニュースや記事のシェア」は、20~40代では6.4%とかなり低く、10代とは14.0ptもの差となった。Instagramでは従来、写真や動画がメインの投稿が多かったが、10代の間では、気になるニュースや好きなアイドルに関する記事をスクリーンショットで撮り、ストーリーズで共有する文化が広まっており、投稿モチベーションにもつながっているようだ。

SNS検索のモチベーションは「自分と似た人、興味のある人と出会いたい」がトップ

 10代にTwitter検索のモチベーションを聞いてみると、「自分と似た人、興味のある人と出会いたい」(20~40代と比較して23.8pt差)、「インスピレーションが湧くものに出会いたい」(同9.3pt差)、「おもしろいものに出会いたい」(同8.0pt差)、「フォロワー/フォローを増やしたい」(同2.9pt差)、「暇つぶしがしたい」(同2.2pt差)、「ニュースやアイテムへの世の中の反応を知りたい」(同1.3pt差)、「ニュースやアイテムの詳細を知りたい」(同1.3pt差)、という結果に。コミュニケーションのための検索については、20pt以上の差が付き、Twitterを使う目的が他世代と大きく異なっていた。また、アイデアや感性を刺激するために検索するという行動も、10代ならではの特徴といえそうだ。

タップで拡大
タップで拡大

 10代におけるInstagram検索のモチベーションは、「暇つぶし」(20~40代と比較して7.5pt差)、「自分と似た人、興味のある人と出会いたい」(同3.1pt差)、「SNSの投稿ネタを探したい」(同1.6pt差)、「ニュースやアイテムの詳細を知りたい」(同0.4pt差)という結果に。特に明確な目的はなくとも、時間があればInstagramで検索を行っている日常が浮き彫りとなった。Z世代のインサイトを把握するためには、世代間の違いを捉えることが重要といえそうだ。

【調査概要】
調査主体:トレンダーズ
調査名:「10代女性のSNS利用実態」に関する調査
調査対象:15~49歳 女性400名(年代別均等割り付け)
調査日:2020年9月18~23日
調査方法:ネット調査
※10代と20~40代の比較分析で使用している回答数値(%)は、回答比率にあわせたウェイトバック後の数値

【関連記事】
2020年ホリデーシーズンの米国のオンライン売上が過去最高となる1,890億ドルと予測【アドビ調査】
「不要不急な旅行は避けるべき」が42.8% 感染リスクに対し年代間でギャップが【インテージ調査】
企業名想起率のトップは 「あなたと、コンビに、ファミリーマート」【日経BPコンサルティング調査】
世界のCMO45%が、コロナ禍のCX戦略として新製品やサービスへ投資【電通アイソバー調査】
2021年における世界のIT市場は大きく成長すると予想 IT支出の成長率は4%【ガートナー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング