SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバー・バズ、SNS全体の戦略設計を支援する専門組織を新設 各事業を統合しデータマネジメントを提供

 ソーシャルメディアマーケティング事業を展開するサイバー・バズは、広告主のSNS全体の戦略設計を支援する専門組織を新設した。

 昨今、SNSは生活者にとって交流プラットフォームとしてだけでなく、ハッシュタグで情報を検索したり、質問したりするプラットフォームへと急速に変化している。2020年の国内ソーシャルメディアマーケティング市場規模は5,519億円、2025年には2020年対比で約2倍の1兆1,171億円に達すると予測(サイバーバズとデジタルインファクトの共同調査より)され、SNSは今後も企業と消費者とのコミュニケーションや販売のチャネルとしてその役割はますます高まっていくという。

 また、Instagramもサービススタートから10周年を迎え、各種SNSでは新機能も続々と追加され、従来よりも進んだ設計とデータマネジメント、コマースとの連携が必須になってきている。

 さらに、Instagram上における広告配信のデータの拡充も日々変化しており、公式アカウントのフォロワーデータやインフルエンサーのフォロワーデータを活用したインフィード広告配信ができる。そのため独自のデータを構築することで今までとは違ったデータドリブンなアプローチも可能だ。

 今回、上記の流れを受けてサイバー・バズは、インフルエンサーの投稿にいいね、保存といったアクションをしたユーザーデータや、「SNSアカウント運用代行」で蓄積したフォロワーデータおよびいいねなどのアクションデータを活用するなど、SNSマーケティング全般に対して、各事業で蓄積した各種データを連携させていく。そうすることで同社独自のデータマネジメントを提供し、広告主のSNS全体の戦略設計を支援していく。

【関連記事】
2020年のソーシャルメディアマーケティング市場は5,519億円に/サイバー・バズとDIFが共同調査
サイバー・バズ、Instagram新機能リール(Reels)に対応したインフルエンサーメニューを開始
サイバー・バズ、各種インフルエンサーマーケティングサービスをアップデート
サイバー・バズ、SNSに特化したECコンサルティング事業を開始 Facebookショップに対応
サイバー・バズ、フロンティアインターナショナルらとインフルエンサーによるLive配信サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング