MarkeZine(マーケジン)

記事種別

外食等の外出を伴う消費に回復の兆しも衣類、アクセサリー、化粧品は依然低迷/クロス・マーケティング調査

2020/11/18 08:55

 クロス・マーケティングは、「消費動向に関する定点調査(2020年10月度)」を実施。以下、一部内容を紹介する。

【消費動向の推移】新たな生活様式に順応する生活者

 外出をともなう消費項目「外食・旅行・タクシー・高速道路・ガソリン・ショッピング/レジャー関連施設」は、昨年同期と比較するとDI値(景気動向指数)が大きく落ち込んではいるものの、前回調査(5月)との比較では回復傾向に。生活者が新たな生活様式に順応しつつある様子がうかがえる。一方、「衣類/アクセサリー・化粧品」の項目では、前回調査に引き続きDI値が低下しており、特に「化粧品」は調査開始以来最低値となった(図1)。

タップで拡大
タップで拡大

【生活実態の推移】給与所得や労働時間は回復傾向

 「給与所得」は前回調査から10.3ポイント上昇、「労働時間」は前回調査から18.7ポイント上昇した。「自宅で過ごす時間」は前回調査より低下したが、例年と比べると大きく増加。コロナ禍で、在宅ワークなどを継続していることがうかがえる(図2)。

タップで拡大
タップで拡大

【景気の見通し】生活者の51%が「悪くなると思う」と回答

 今後1年間の景気について、全体で51%が「悪くなると思う」と回答。「変わらないと思う」という回答は、前回調査と比較して18ポイント増加した。一方、景気が「変わらない・悪くなると思う」と回答した生活者に、何年後に景気が良くなると思うかを尋ねたところ、「わからない」が72%で最多に。次いで「2年後~5年未満」が15%、「5年後~10年未満」は前回同様9%となった。景気回復は、まだまだ時間がかかりそうだ(図3)。

タップで拡大
タップで拡大

【調査概要】
調査主体:クロス・マーケティング
調査手法:ネットリサーチ
調査地域:全国47都道府県
調査対象:20~69歳の男女
調査期間:2020年10月23~25日
有効回答数:1,200サンプル

【関連記事】
10月度CM放送回数ランキング/乾燥ケア、風邪薬など季節感あるCMが上位に【ゼータ・ブリッジ調査】
6割が「コスメの全体の使用が減った」 女子大生のメイク・オシャレ事情とは【KIRINZ調査】
国内企業のCXランキングTOP50:くら寿司、ヨドバシカメラらが躍進/C Space Japan調査
コロナ禍で「読書量が増加」は2割 電子書籍派も徐々に拡大【クロス・マーケティング調査】
2020年の女性若年層トレンド:ヒト、番組、コスメまで一挙に紹介/SHIBUYA109 lab.調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5