SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ベクトル子会社のDirect Tech、BASEと協業 P2CブランドのECプラットフォームを強化

 ベクトルの子会社であるDirect Techは、BASEが運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」と協業を開始した。Direct Techが展開するP2C(Person to Consumer)ブランドの、ECサイト運営やフルフィルメントも含めたECプラットフォームの強化をしていく。

 Direct Techでは、インフルエンサーと協働でブランドをプロデュースする「インフルエンサーD2C ラボ」を2020年2月に設立し、現在4つのブランドを展開している。インフルエンサーとファンとのつながりを活かしたP2Cブランドの展開においては、ECサイト上における世界観の表現やストレスのない商品購入体験の提供など、一連のECプラットフォーム強化が必要不可欠であるという考えから、協業に至った。

 今回は、ネットショップ作成サービス「BASE」がこれまで培ってきたECプラットフォームの運用ノウハウを結集し、サイトの運営サポートからフルフィルメントのサポートまで幅広く対応する。またDirect Techのブランドプロデュース力と合わせて、ブランドを高頻度かつ安定的に展開できる体制の構築を支援していく。

【関連記事】
Direct Tech、ライブ配信風動画コンテンツ制作サービスを提供開始 企画~編集加工をサポート
電通テック、MAツールパッケージ 「Direct→One × HIRAMEKI」を公開
ベクトルとピー・プランニング、屋外大型ビジョンの新フォーマット「SHOT NEWS」の放映開始
ベクトル、デジタルネイティブ層の攻略をDXで支援する「若者マーケLab」を発足
BASE、プッシュ通知やアプリ経由の売上等の可視化を可能にする「モール管理機能」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/20 16:30 https://markezine.jp/article/detail/34921

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング