SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クラウドCRMのSynergy!とギフティのeギフトが連携 eギフトURLの発行・埋め込みを簡便化

 シナジーマーケティングは、同社が提供するクラウド型CRMサービス「Synergy!(シナジー)」とギフティが提供する法人向けeギフトサービス「giftee for Business(ギフティーフォービジネス)」の機能を連携し、新たに「eギフト発行機能」の提供を開始した。

 同機能では、Synergy!基本機能でeギフトURLを発行し、アンケートなどのWebフォーム登録完了画面などにgiftee for Businessのeギフトを埋め込むことが可能になる。

 顧客(消費者)のWebフォーム登録を起点にeギフトURLが発行される仕組みで、Synergy!上の操作でeギフトの設定・発行・配信が可能に。具体的には、Webフォーム登録の完了画面やメール、LINEメッセージにeギフトを埋め込むことができる。

eギフトURL埋め込みのイメージ
eギフトURL埋め込みのイメージ

 たとえばアンケートの謝礼としてeギフトを配布する場合、アンケートの回答完了画面にeギフトURLが表示されるような運用が可能。アンケート回答を起点にeギフトURLが発行されるため、回答のあった数量分だけギフト料金が発生する。一定数のeギフトを事前購入する必要がないため余剰在庫のコストを削減できるほか、回答数に上限を設定して予算に応じた運用も可能となる。

 これにより、ギフトの配送や在庫管理にかかる業務やコスト、eギフトの事前購入やインポートといった煩雑な作業が削減でき、Synergy!上で簡便かつスピーディーにプレゼントキャンペーンを実施することが可能になる。

 なお、同連携機能の利用にはSynergy!とgiftee for Businessの利用契約が必要。両サービスの利用企業は、個別開発することなく無料で機能を利用できる。

【関連記事】
LINEギフトの新広告メニュー「サンクスギフト」が開始 ユーザー起点のギフトでブランド体験を提供
生活者のオフライン行動データを活用したeギフト配信の提供へ スイッチスマイルとギフティが業務提携
シナジーマーケティングとTRUSTDOCKが協業 本人確認と継続的顧客管理のオンライン完結実現へ
シナジーマーケティング、Synergy!のメール配信機能において「ABテスト」を追加
DACの「AudienceOne」とデータ連携型DIYアンケートサービス「Qwantz」が連携開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/24 15:00 https://markezine.jp/article/detail/34946

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング