SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CPA30%減、CV数4倍を実現 Squad beyond、ABテストを効率化する新機能を追加

 デジタルマーケティングプラットフォームの開発・販売などを行うSIVAは、デジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond」において新機能を追加した。

 同機能追加により、エクセルなどでの複雑なURL管理の必要なく配信設定作業が簡単に行える。そのため複数の広告クリエイティブと複数LPの組み合わせパターンにおいても手間なくA/Bテストが実施できる。また配信レポートも自動生成されるため、最適な組み合わせを短期間で判断することが可能だ。したがって広告運用管理担当者にかかる作業工数を大幅削減でき、無駄な広告配信や運用ミスも防ぐことができるなど、広告効果の最大化が望める。

 同サービスを利用する広告運用管理者から「広告パターンのテストを何十通りとしたいけれど、工数がかかるのでどうしてもできない」「もっと簡単にA/Bテストが行えるようになると嬉しい」「最適な広告とLPの組み合わせを短期間で判別できるようにしたい」といった声を受けて開発に至った。

 同機能を使うことで、これまでA/Bテストに必要だった「複数LPのURL別管理」「URL発行による組み合わせパターン作成」「手作業によるパターン別レポートの作成」がすべて不要となる。また、広告効果の見込めない「組み合わせパターンの排除設定」も簡単に行える。また、同一ツール上で広告入稿から数値管理までできレポートも自動生成されるため、最適な広告とLPの組み合わせを短時間で判断が可能となる。

【関連記事】
サイバーエージェント、楽天市場の運用型広告に特化した広告運用ソリューションの提供を開始
広告運用自動化ツール「Shirofune」、エンタープライズ向けの広告改善機能を提供
サイカとクロス・マーケティンググループが業務提携 MMM分析と広告運用の双方を支援
AI広告運用サービス「LocalFolio」に新機能 広告パフォーマンスをリアルタイムで分析可能に
ADK MS、デジタル広告運用データの分析&レポーティングを行う「ADK RADs」β版を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング