SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Japan CDO of The Year 2020」は味の素CDOの福士博司氏に決定

 CDO Club Japanは、最高デジタル責任者(CDO)という役割の認知と普及に貢献した個人を表彰する「Japan CDO of The Year 2020」の選考委員会において、受賞者を味の素 代表取締役 副社長執行役員 CDOの福士 博司氏に決定。「CDO Summit Tokyo 2020 Winter」において発表し、表彰式を実施した。

「Japan CDO of The Year 2020」を受賞した味の素 CDOの福士 博司氏
「Japan CDO of The Year 2020」を受賞した味の素 CDOの福士 博司氏

 福士氏は1984年に味の素へ入社。アミノ酸事業を中心に技術畑を経験したほか、MBA、PhD(Business)を取得後、ヘルスケアを主体とした事業畑に転向し、専務執行役員アミノサイエンス事業本部長時代に事業改革を実行した人物。現在は、代表取締役副社長、CDOとして全社のデジタルトランスフォーメーションを推進している。

 選考委員会では「2019年6月より同社の副社長CDOとして同社のデジタルトランスフォーメーションを急速に押しすすめ、長期的なDXのビジョンだけでなく、活動全体を評価基準やKPIなども設置して全社的な活動として牽引し、同社だけでなく、追随する他の企業にとっても模範的なDXの推進方法である」と福士氏を評価。

 また、「上記手法やDXに関連する各情報をCDO Club Japanだけでなく、惜しみなく広く社会にも発表するなどの行動は、CDOという役職の認知・普及に多大なる貢献である」と、受賞理由を発表した。

【関連記事】
楽天、実店舗のデジタル化やOMO施策導入などを支援する新会社「楽天DXソリューション」を設立
ZETAと博報堂プロダクツ、OMO領域ビジネスの共同事業をスタート 店舗DXの推進へ
アイレップ、ユナイテッドと提携 戦略からマーケティング実行まで包括的なサービスを行い企業のDXを支援
ブレインパッド、DX・データ活用に関する情報を発信する専門メディアを開始
トランスコスモスとヤプリが業務提携 企業のアプリ活用とDXを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/02 15:30 https://markezine.jp/article/detail/35022

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング