SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Macbee Planet、チャットボットに“ユーザーの温度感を数値化”する新機能「FRS」を搭載

 Macbee Planetは、同社が展開するLTVソリューション「Robee」の新機能として、ユーザーとのコミュニケーションで得た回答によってスコアリングを行い、ユーザーの温度感を数値化する新機能「FRS(Favorability Rating Score)」をリリースした。

 今回のFRS機能では、チャットボットによるマーケティング施策の評価・改善を数値化することにより、人間に近いコミュニケーションを取ること、チャットボットそのものに「性格」を与えることが可能になる。

 具体的には、リアルタイムで空気を読み、ユーザーが好意的なのか反感を持っているかによって対応を変えることができるようになる。たとえば、サービス等に好意的な感情を持っていれば継続促進などの提案を積極的に行い、反感的な感情が強ければ、提案はせずに解約を受け入れるといった柔軟な対応が可能になる。

 また、ユーザーが何に満足をしていて何に不満を感じているのかの割合が数値化されるため、既存ユーザーのより具体的なペルソナが把握できる。

 このスコアリングは、チャットボットによる対話全体において行われるため、シナリオがポジティブなのかネガティブなのかも明確になる。これにより、数値化されたシナリオ評価を可能にし、心地よい対応に向けたシナリオ改善を実現する。

【関連記事】
Robee、LINE「Messaging API」と連携 LINEユーザーの顧客転換率とLTVを向上
営業自動化のChatBook、EC特化のチャットボットサービスを発表
凸版印刷、AIチャットボット「BotFriends」をアップデート SNSなどの連携をスムーズに
AIチャットボット「Bebot」、ウィーン国際空港エリアにて新機能「混雑平準化」をリリース
ジーニーのチャットボット「Chamo」がリニューアル 顧客データの蓄積、直感的なシナリオ作成が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング