SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、顧客行動の予測モデルをアジャイル型で開発する営業コンサルサービス開始

 電通デジタルは、ナレッジコミュニケーションと協業。「説明可能なAI(explainable AI:以下XAI)」を用いた、営業のコンサルティングサービスを開始した。顧客の購買、解約、嗜好性などの予測モデルをアジャイル型で開発する。

「XAI×アジャイル」アプローチの概要図(タップで拡大)
「XAI×アジャイル」アプローチの概要図(タップで拡大)

 同サービスでは、XAIを用いて予測モデルのプロトタイプをアジャイル型で素早く構築。予測結果を利用する営業担当者などのフィードバックを受け、改善を繰り返すことで、現場のニーズに沿った営業アタックリストや顧客プロファイルシートを迅速に提供する。また、ナレッジコミュニケーションが導入支援するAI/機械学習に特化した統合データ分析基盤「Databricks(データブリックス)」を活用し、エンタープライズレベルのデータ処理が可能な開発・分析環境を構築。環境構築を含め3~6ヵ月の期間でPoC(Proof of Concept=概念実証)を実施する。

【関連記事】
電通デジタル、ECモールに特化した分析ソリューションを提供開始 自動でレポートを作成
電通デジタル、LINEを活用し店舗保有企業向けサービスを開始 開発からオペレーション設計まで対応
電通デジタル、動画共有サービスの広告配信推奨リストを提供 ブランドセーフティ強化
電通デジタル、Nintと共同で中国越境ECの進出支援を開始 中国ECの市場調査サービスを提供
電通デジタル、デジタルコマース領域の統合的な支援へ 100人規模の全社横断専門組織を発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/07 12:10 https://markezine.jp/article/detail/35048

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング