SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジーニーのチャットボットツール「Chamo」、ECサイト向けにEFO機能などを強化

 ジーニーは、同社が開発・展開するチャットボットツール「Chamo(チャモ)」にてECサイトのコンバージョン率向上に有効なEFO機能などを強化した。

 今回の機能強化は、顧客から特に要望が多かった「サイトにおける離脱率の改善」や「質の高い接客の自動化」「顧客獲得の費用対効果の検証」などの機能を新規搭載した。

1.サイトにおける離脱率の改善

 「Chamo」のEFO(Entry Form Optimization、入力フォーム最適化機能)は、ECサイトの商品購入や資料請求、会員登録などを行うフォームにて、入力形式に合った豊富なパーツを用意している。そのためECサイト運営者、途中離脱の要因を排除することができる。またコンバージョンレポートを標準搭載。 これにより離脱ポイントを可視化して特定でき、誰でも迅速に入力フォームを修正することが可能になる。

2.質の高い接客の自動化

 「Chamo」のシナリオ機能はユーザーの入力内容に対応して、後続の設問に必要な情報を外部サイトから取得し、回答の選択肢を自動生成することが可能だ。ユーザーは他のシステムを経由することなく、スムーズに希望の条件を選択して申し込みフォームを完了することができる。

3.顧客獲得の費用対効果の検証

 ECサイトの多くは、集客を広告ネットワークやASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を通じて行っている。こうした集客チャネルごとに費用対効果の検証を行うにはコンバージョンデータを各種の計測ツールと連携する必要がある。「Chamo」には計測タグを任意のページに配置する機能があり、ECサイト運営者が利用する計測ツールへデータをフィードバックすることが可能だ。

【関連記事】
ジーニー、日本自動ドア、YmixがDOOH事業で業務提携 ヘアカラー専門店「fufu」で広告配信
ジーニー、ビジネスサーチテクノロジを完全子会社化 検索エンジンサービスによりSaaSの機能を強化
ジーニー、ヒットとDOOHプラットフォーム「HIT-DSP」を開始 入稿などの手続きをオンライン化
ジーニーのチャットボット「Chamo」がリニューアル 顧客データの蓄積、直感的なシナリオ作成が可能に
ジーニーとヒット、東京・大阪の大型屋外ビジョンでの広告放映を1日10万円以下で提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/18 16:00 https://markezine.jp/article/detail/35167

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング