SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

UnityとSnapchat運営会社が広告分野などで提携 モバイルゲームユーザーへのリーチを強化

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、親会社Unityと米国のSnap(スナップ)がパートナーシップを組んだことを発表した。

 今回のパートナーシップにより両社では、Unityが展開するモバイルゲームに特化した動画広告サービス「Unity Ads」のリーチ(出稿)を、Snapの展開する写真共有アプリ「Snapchat(スナップチャット)」の広告主に拡大。また、Snapchatの機能を組み込むことができる開発者向け機能「Snap Kit」を通じてSnapの技術をゲーム開発者に提供する。

 これにより、UnityとSnapchatの広告、ゲーム開発が統合されることで、モバイルゲームのプレーヤーへのリーチとモバイルゲームがより多くの方に発見してもらえる可能性が両社のプラットフォームで強化される。

 具体的には、Unity AdsがSnapchatの広告ネットワーク「Snap Audience Network(SAN)」に連携され、SAN広告主キャンペーンに、Unityが持つモバイルゲームタイトルのネットワークからの動画インベントリが含まれるようになる。これにより、広告主はSnapchatの枠を超えて広告を拡大することが可能になる。

 また、Unityがモバイルゲーム開発者向けに展開する「Unity Asset Store」では、Snap Kitの一部の機能が利用可能に。ゲーム開発者はこれらを活用してゲームプレイやゲームの発見体験を向上させることが可能になる。

 「Snap Kit’s Login Kit」ではゲームのユーザーはSnapchatのアカウントを使ってゲームにサインアップやログインすることができるようになるほか、「Snap Kit’s Creative Kit」ではユーザーがゲームプレイを共有する際に、静止画や15秒の動画をブランドステッカーで装飾したり、ゲームのブランディングで作成したARレンズを通してSnapchatの友達と共有したりすることが可能になる。

 シェアにはゲームへのリファラルリンクも含まれており、Unity開発者にとってはSnapchatのユーザーがゲームを発見する可能性とユーザーの獲得が促進される。

 なお、Unity AdsのSnap Audience Networkへの統合は米国とカナダで利用可能で、近日中に他の国でも利用可能になる予定。Snap Kit’s Login KitとCreative Kitの機能は2020年12月18日(金)から全世界で利用可能となる。

【関連記事】
ゲームアプリにおける不正インストール率、グローバルで約170%増加/adjust調査
BuzzVideo、ゲーム業界の広告効果を高めるクリエイティブTipsを公開
余暇時間はスマホゲームがトップ/ほぼ毎日プレイは10~30代で5割超【クロス・マーケティング調査】
約4割が「毎日」ゲームをしている F1層に聞くゲーム事情のリアル【ミュゼマーケティング調べ】
Smartly.io、Snapとパートナーシップ提携 Snapchat広告の運用・最適化などを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/18 12:45 https://markezine.jp/article/detail/35169

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング