MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2020年下期「ネット広告予算が増加」は36.1% 予算配分が減った広告は?/CCI調査

2020/12/23 12:50

 サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、コロナ禍における「インターネット広告市場」の動向に関する調査を発表。一部内容を紹介する。

2020年上期/下期のネット広告費比較

 2020年下期の市況は、上期比較で大きく改善した。2020年下期ネット広告予算は36.1%が増加したと回答。中でも9.8%は大きく増加したと答えた。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

キャンペーン費が減少した広告は?

 ソーシャル広告(30.3%)、運用型広告(36.0%)でキャンペーン費が増加した。予約型については36.2%が減少したと回答。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

運用型ディスプレイ広告市場の概況

 運用型ディスプレイ広告のキャンペーン費用は、2020年8月24日週に2019年12月1週と同水準に戻るが、2020年の平均CPMは48.23円(11月末時点)と、2019年の平均CPM 51.08円の水準には戻っていない。配信量も2020年下期は減少傾向だった。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

グローバル/日本市場の予算配分の違い

 キャンペーン費用の配分では、グローバルでは日本市場に比べ予約型の割合が少なく、その分ソーシャルの比重が大きかった。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 業種別の出稿動向予測は、以下のとおり。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

【調査概要】
調査名:「インターネット広告市場」の動向に関する調査
調査手法:メール配布によるアンケート調査
調査時期:2020年11月5~18日
対象者:広告主、広告会社、メディア、プラットフォーマー、アドテクノロジーベンダー(DSP、SSP、アドネットワーク、DMP、アドベリソリューションなど)、メディアレップなどインターネット広告市場に関係ある方を対象
回答数:592
回答数内訳:CCI調査(国内:300/海外:42)、Syno調査(国内:100/海外:150)
調査実施:サイバー・コミュニケーションズ、Syno

【関連記事】
オンライン購買に不満を感じる生活者が増加 配送時間が要因か【ニールセン調査】
Tポイント物価指数、2ヵ月連続上昇 上昇率が最も高かったのは60~79歳・男性/CCCグループ調査
企業情報サイトランキング2020、ユーザー評価1位は2年連続サントリー【トライベック調査】
2020年、売れたものランキング:上位は衛生用品、その他「鬼滅の刃」関連が躍進/インテージ調査
60代の約6割がSNS利用 高齢層のスマホ行動がコロナ禍で多様化/博報堂DYメディアパートナーズ調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5