SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、運用型ビーコン・NFC活用ツール「CAスマートPOP」の提供開始 来店者への配信設定を柔軟に

 サイバーエージェントはAI事業本部 DX本部において、店舗を保有する企業向けにビーコン・NFCタグ・QRコードと連動した自社アプリへのコンテンツ配信が可能となる運用型ビーコン・NFC活用ツール「CAスマートPOP(シーエースマートポップ)」の提供を開始した。

 「CAスマートPOP」の特徴は以下の3点。

1.開発不要で各ハードと連動した配信を実現

 独自SDKを実装するだけで、開発不要で自社アプリへのコンテンツ配信が可能だ。また、提供するBLEビーコンはiBeacon・LINE Beacon通信規格に対応しているため、LINEが提供する「LINE POP Media」などの他社メディアとの連携も行える。

2.自由な配信設定、計測機能によるデータ蓄積

 独自の配信/計測システムの提供により、管理画面からコンテンツの配信設定および計測ができる。店舗・時間・ユーザー単位での細かい配信設定で最適なOne to One配信を実現。加えてユーザーごとに端末反応の時間や場所、視聴時間やリンク先への遷移有無などの計測により自社データの蓄積が可能だ。

3.自由なフォーマットでのコンテンツ制作

 クーポン配布やポイント付与などキャンペーンに応じた様々なフォーマットに対応しており、自由にコーディングしたコンテンツ制作が可能だ。さらに同社では「CAスマートPOP」だけでなく、クリエイティブ制作やサイネージなどの販促ツールを活用した最適な販促プランの提案など、一気通貫したマーケティング支援を行うことで効果最大化を図っていく。

 今後、「CAスマートPOP」で取得したデータとID-POSデータなどの外部データを掛け合わせることで、コンテンツの最適化が可能なエンジンの搭載を予定している。

【関連記事】
2020年の動画広告市場は2,954億円、昨年比114%の見通し 販促用の広告需要が増加【CA調査】
CA、小売向け「LINEミニアプリ」開発パッケージを提供開始 自社アプリ機能をLINE上で提供可能に
CA、天候の変化や会話増などでTwitter広告の入札を自動調整するツールを提供
CA、企業やブランド毎に適したAIモデルをオリジナル生成する「極予測AI人間」を提供開始
CA、効果の高い広告テキストを自動生成する「極予測TD」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング