SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ギブリー、LINE公式アカウントの友だちを管理・分析するサービスを開始 上質なオンライン接客が可能に

 ギブリーは、自社が提供するLINE公式アカウント運用サービス「SYNALIO for LINE」を強化・リブランディングした「LIBERO(リベロ)」の提供を開始した。

 LIBEROは同社が提供するオンライン接客プラットフォームSYNALIOの技術を活かし、誰でも簡単に友だちの属性やニーズを把握。取得したデータに基づいて配信管理やリッチメニューを出し分けすることが可能だ。

 主な機能として、友だち登録経路やユーザーのアクションをラベルとしてデータ化し、管理することですべての友だちをカテゴリー分けし、可視化することができる。また把握した友だちのデータに合わせて、配信管理やチャットボットの出し分けを行い最適な1to1接客を行うことが可能だ。さらにLINE IDをベースに、LINE上での行動ログやユーザー情報など、様々な情報をLIBERO上で一元管理ができる。

【関連記事】
ギブリー、LINEを活用してユーザーのインサイトを診断する「診断メーカー」のサービスを開始
ベンダー企業が示すwithコロナ時代のマーケ/ギブリーがオンラインカンファレンスを開催【参加無料】
ギブリーとLINE、SMB領域における戦略的パートナーシップ契約を締結
ギブリー、アプリを開発しながらプログラミングを学ぶ学習サービス「CodePrep」
LINE、APIに関する技術情報やユースケース、クライアント事例などを紹介するWebサイトを公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/01/06 14:45 https://markezine.jp/article/detail/35237

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング