SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

金融庁、ビズリーチでDX人材を公募  金融機関の行政手続き完全電子化等を目指す

 ビズリーチは、金融庁が取り組む金融のDXを推進できる人材を2021年1月7日~2月3日まで、転職サイト「ビズリーチ」のサイト上で公募する。

 金融庁は、行政手続きのデジタル化と金融サービス向上に向けた「金融DX」の推進を掲げている。「金融DX」のなかでも特に注力しているのが、金融機関等による行政手続きの電子化対応だ。現在、金融庁が所掌する行政手続きのうち、オンラインで対応可能な手続き種類は8.8%。金融庁は金融機関の行政手続き完全電子化に向け、早急な対応を進めている。なお、金融機関等との行政手続きの電子化は、20年度中にシステムの整備等を行い、21年度早期の運用開始を予定。21年度以降も業務フローやユーザーインターフェースを改善しながら、継続してシステムを構築するプロジェクトを推進していく。

 金融庁 総合政策局 総括審議官(CIO)・白川俊介氏のコメントは以下のとおり。

 皆様ご存じのように、わが国は、デジタル社会の実現に向けた改革に大きくかじをきったところです。急速に発展している情報通信やデータ処理技術等の社会実装が本格的な段階を迎え、金融分野においても、デジタルトランスフォーメーションによる先進的で利便性の高いサービスの開発・提供により、利用者に大きな便益がもたらされ得る状況となってきています。

 これは、金融機関を含む事業者にとっても新たな収益機会が生まれるきっかけとなり、それがさらに利用者利便の高い新たな金融サービスの創出につながる好循環を生むと期待されています。

 このため、金融庁としても金融デジタライゼーションを戦略として掲げ、様々な施策を推進しているところです。現在、行政手続きのオンライン化やEDINET(有価証券報告書等の電子開示システム)のクラウド化による更改といった国民の皆様に利用していただくシステムに係る大規模プロジェクトを進めているほか、庁内向けにもRPAの推進や紙による手続きのデジタル化などを積極的に手掛けています。

 そうしたなか、我々が思い描く未来を実現していくためには、豊富な実務経験と最新技術についての知識を兼ね備えた皆さんのお力をお借りすることが不可欠だと思っています。

 金融行政・業界のデジタル化を進め、企業・経済の持続的成長と安定的な資産形成等による国民の厚生の増大を目指すという私たちのビジョンに共感して、我々と一緒に取り組んでいただける方からのご応募を心よりお待ちしております。

【関連記事】
農林水産省、ビズリーチでDX人材を公募 農林水産業・食品産業のDX実現に向け、民間のデジタル人材求む
日本オリンピック委員会、デジタル戦略ディレクターを副業・兼業限定で公募
転職サイト「キャリトレ」、日本フェンシング協会の若手・マーケティング人材を公募
日本企業の74%がDXに着手 推進の障壁はDX人材の育成【電通デジタル調査】
電通、AtCoder、マイナビがIT人材不足の解消へ 学生競技プログラマー向けの就活支援サイトを開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/01/07 16:30 https://markezine.jp/article/detail/35254

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング