MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Tポイント物価指数、3ヵ月連続上昇 上昇率が最も低かったのは20~39歳・女性/CCCグループ調査

2021/01/12 12:20

 CCCマーケティングとカルチュア・コンビニエンス・クラブは、Tポイントのデータを活用した物価指数「T-POINT Price Index(Tポイント物価指数。以下、TPI)」の12月度結果を発表した。

 TPIは、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトによるもの。Tポイント提携先の「スーパーマーケット」「ドラッグストア」「コンビニエンスストア」「外食チェーン」でTカードが関与した購買金額を基にしている。

たばこ増税の影響を受け、コンビニのTPIが過去最高値を更新

 12月度のTPIは、前月比0.74ポイント上昇し(前年同月比1.20%)、3ヵ月連続上昇する結果に。業態別では、「スーパーマーケット」は前月と比べて0.14ポイント上昇(前年同月比-0.33%)。2020年5月以来、7ヵ月ぶりの上昇となったが、3ヵ月連続マイナスの結果に。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 「ドラッグストア」は前月比0.39ポイント上昇(前年同月比0.64%)、「コンビニエンスストア」は2020年10月のたばこ増税の影響を受け、0.18ポイント上昇し(前年同月比4.20%)、TPI集計以来、過去最高値となった。

TPIの上昇率が最も低かったのは20~39歳・女性

 12月度のTPIを性別・年代別で見ると、前年同月比上昇率は、60~79歳・男性で2.22%、40~59歳・男性で2.13%、20~39歳・男性で1.30%、60~79歳・女性で0.74%、40~59歳・女性で0.62%、20~39歳・女性で0.32%という結果に。男女の全年代で上昇し、プラスとなった。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 業態別では、「スーパーマーケット」は男女の全年代で上昇したものの、3ヵ月連続マイナスに。また、「ドラッグストア」は男女・全年代で下落した前月から一転、男女・全年代で上昇した。「コンビニエンスストア」も男女・全年代で上昇が続き、特に40~59歳・女性は0.21ポイント上昇の4.53%、60~79歳・男性は0.19ポイント上昇の5.09%、60~79歳・女性は0.27 ポイント上昇の5.24%と、TPI集計以来、過去最高値の結果となった。

【関連記事】
Tポイント物価指数、2ヵ月連続上昇 上昇率が最も高かったのは60~79歳・男性/CCCグループ調査
ネットユーザー約3万人が選んだWebサイトランキング、総合1位はヤフー/日経BPコンサルティング調査
2020年下期「ネット広告予算が増加」は36.1% 予算配分が減った広告は?/CCI調査
オンライン購買に不満を感じる生活者が増加 配送時間が要因か【ニールセン調査】
食品で最も惹かれるキャッチコピーは 「売り上げNO.1」。約半数以上が購入経験あり/ドゥ・ハウス調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5