SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

シェア拡散されるブランドストーリー

2020年「最もシェア拡散された広告・PR施策ランキング」 から見るコロナ禍の各企業の成功事例

 その時々の時流に合わせ、各コンテンツがシェアされる理由を分析してきた本連載。今回は、2020年の国内広告・PR施策を振り返ったランキングから特徴的だった施策の解説、2021年のトレンド予測も行います。

2020年、シェア拡散された施策をランキングに

 こんにちは。スパイスボックス事業統括責任者の森竹アルです。今回は、2019年も実施した、2020年、国内広告・PR施策の「SNSシェア拡散ランキング」をお届けします。これは、エンゲージメント数(※)を指標として、2020年に注目を集めた国内広告・PR施策をランキング化したもの。ランキングに入った2020年の特徴的な施策の解説の他、2021年のトレンド予測を行いたいと思います。

※エンゲージメント数とは
いいねやシェア、コメント、リツイートなどFacebookとTwitterでの総アクション数に加え、対象コンテンツについて取り上げた記事に対するSNS上における口コミなどの総数。スパイスボックスの独自ツール「THINK」にて計測。

プロモーション目的の広告・PRが激減した1年

 まずは下の図を見てください。こちらは、2020年に企業から発信された広告・PR施策(テレビCM・Web・SNS投稿・グラフィックなど形式を問わない)のソーシャルメディア上におけるエンゲージメントボリュームを計測し、ランキングにしたものです。

2020年国内広告・PR施策のエンゲージメント数ランキングTOP10
2020年国内広告・PR施策のエンゲージメント数ランキングTOP10(クリック・タップで拡大)
出典:株式会社スパイスボックス独自のソーシャルリスニングツール「THINK」集計
(調査期間:2020/1/1~2020/12/9)
※「THINK」を利用し、著者がインターネット検索で抽出した
任意の話題施策約500のエンゲージメント数を集計してランキング化。
今回は、国内におけるエンゲージメント数を調査対象にしたため、
主に海外で情報が拡散されたと思われるコンテンツは著者の判断にて除外。

 最もエンゲージメント数が高かったのは、テレビCMでも流れていた日本赤十字社の「ウイルスの次にやってくるもの」。日々、新型コロナウイルスの恐怖にさらされる中で、本当に恐いのは偏見や差別によって人が人を傷つけ合う状況であるとして冷静な対応を呼びかけるものです。「こうはなりたくない」「できるだけ多くの人に見て欲しい」といった願いが重なりエンゲージメントが高まりました。2020年を象徴する事例だったと言えるでしょう。

【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」

 他にも、ランキング上位を見ると2020年は純粋なプロモーションを目的としたものは激減。未曾有のソーシャルイシュー(社会的な関心事)である新型コロナウイルスにまつわる情報が軒並み高いエンゲージメントを記録しました。日本赤十字社の動画をはじめ、丸富製紙、味の素冷凍食品、アパホテル、水木プロダクション、東京ディズニーリゾートなどトップ10の半数以上が新型コロナウイルスに関連した発信によって共感・賛同を得られたものでした。

 業態にもよりますが、2020年の上半期はマーケティング活動を抑える企業が多かったことに加え、生活者の興味・関心事が新型コロナウイルス(および生活環境の変化)に集中していたことが影響していると言えます。そのため、今回のランキングでは広告らしい広告は少なく、シンプルな情報発信でも「生活者に寄り添った情報」が例年以上に共感を集めた年となりました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
テーマパーク・レジャー施設の発信のエンゲージメントが高い理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
シェア拡散されるブランドストーリー連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

森竹 アル(モリタケ アル)

 スパイスボックス 取締役 事業統括責任者。2006年にスパイスボックス入社。プロデューサーとして大手自動車メーカー、食品メーカー、ゲーム会社等のデジタルマーケティングを支援。2013年、プロデュース局局長就任。すべてのクライアントワークを統括。2016年以降は、ソーシャルメディアを中心に「共感」と...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング