SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

【継続率98%超】Googleアルゴリズムを統計的に分析するSEOツール「パスカル」がすごい!

 Googleアルゴリズムを統計的に分析するSEOツールが、オロパスが提供する「パスカル」だ。統計に基づく客観的データに加え、使いやすいシンプルなUIが支持され、Web制作会社やSEOコンサル企業だけでなく、一般事業会社のマーケティング担当にも使われている。本記事では同社の代表取締役 藤井氏に、パスカルでSEOに関わる業務フローがどのように変わるか解説してもらった。

Googleアルゴリズムを統計分析するSEOツール

――本日はSEOツール「パスカル」を提供するオロパスの藤井さんにお話をうかがいます。パスカルは、Googleアルゴリズムを統計分析するツールとうかがいましたが、具体的に教えてください。

藤井:SEOは、とにかく時間とスキルを必要とする業務です。キーワード選定やコンテンツ構造など、対応すべき項目が多岐に渡る上、Googleアルゴリズムは常に変化するため、担当者はトライアンドエラーを続けなくてはなりません。

 また、ノウハウの蓄積も難しく、属人的になりやすい傾向が強いのも特徴です。このようなSEOの難しさを解決しようと、パスカルを開発したのです。

株式会社オロパス 代表取締役 藤井氏
株式会社オロパス 代表取締役 藤井氏

――なるほど。パスカルは、SEO業務の課題から生まれたツールなのですね。

藤井:はい。まずは、Googleアルゴリズムという目に見えないものを可視化する方法はないかと考えました。そこで、検索した際に上位表示するページのSEO要素を統計的に分析すれば、上位表示するための規則性が見つかるのでは? と思ったわけです。

 仮説は的中でした。Googleアルゴリズムは、一見同じ規則性で動いているように見えますが、実は検索するキーワードごとに上位表示するシグナルの重み付けが変化していることがわかったのです。

――つまり、検索キーワードによってSEOのポイントが変化するということですか?

藤井:その通りです。たとえば、SEOでは「ページの文字数は◯◯以上必要」という話をよく耳にしますが、キーワードによって上位表示に必要な文字数は変化します

 例をあげて説明しますと、「確定申告 必要書類」というキーワードの場合、検索ユーザーは「情報」を求めているので、文字数が多く情報が網羅されているページが上位表示します。でも逆に、「富士山 写真」というキーワードの場合は、ユーザーは情報ではなく「写真」を求めているので、文字数よりも写真掲載数が多いページが上位表示します。

キャプション:クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

――パスカルは、特定のキーワードについて、その時々に最適なSEO施策がわかるツールということですか?

藤井:はい。パスカルは、SEOシグナルのなかでも特に順位影響が強い50項目についてGoogleアルゴリズムを統計分析することで、検索上位に食い込むための必要条件を数値化します。さらに、上位ページのコンテンツの傾向から、どんな内容の記事が上位表示しやすいかをカテゴリ別に分析することもできます。

パスカルを使って既存記事を改善・リライトする

――では、パスカルの使い方を教えてください。

藤井:まずはじめに既存記事の改善・リライトの方法についてご説明します。使い方は至ってシンプルです。既存記事のURLとキーワードを入力するだけで、自動的に検索上位ページを統計分析して、上位の傾向と該当記事のズレを「コンテンツ」「タグ」「インデックス」「ドメイン」「被リンク」の5つの指標でスコアリングします。

キャプション:競合分析サマリーのイメージ。SEOで重要なシグナルである、コンテンツ、タグ、インデックス、ドメイン、被リンクの5つの指標でスコアリングする。クリック/タップで拡大
競合分析サマリーのイメージ。
SEOで重要なシグナルである、
コンテンツ、タグ、インデックス、ドメイン、被リンクの5つの指標でスコアリングする。
クリック/タップで拡大

――統計分析から改善の指標を出してくれるのですね。

藤井:はい。分析が終わったら、上位傾向の最適値から外れている項目を最適値内に入るように改善するだけです。また、統計分析の段階で各シグナルの順位影響度も計算していますので、円の大きな(影響度の大きな)項目から優先的に改善すれば、作業効率がアップします。

キャプション:競合分析では、SEOにおける最適値が青色の背景で示される。      また、円の大きさが大きいほど、改善の優先度が高いことを表している。クリック/タップで拡大
競合分析では、SEOにおける最適値が青色の背景で示される。
また、円の大きさが大きいほど、改善の優先度が高いことを表している。
クリック/タップで拡大

藤井:さらに、改善箇所をドリルダウンすると、改善箇所がソース内のどの位置にあるか、どのように改善すれば良いかなど、具体的なアドバイスを表示します。

――SEO作業は時間のかかる仕事ですから、ソース内の該当箇所をピンポイントで指摘してくれるのはありがたいですね!

藤井:そうですね。SEOは小さな改善の積み重ねですので、改善箇所がピンポイントでわかるのは作業を行う人にとっては非常に便利だと思います。

――リライトをアシストする機能も付いているとうかがったのですが?

藤井:パスカルのリライト機能は、上位ページのコンテンツを分析して、使用頻度の高いキーワードを抽出します。さらに、指定URLの使用キーワードと突き合わせることで、上位表示に必要なキーワードの抜け漏れをチェックできます。

 コンテンツを作るときに「オリジナル性が重要」とよく言われますが、押さえておくべき基本要素が抜けていては上位表示されにくいのも事実です。パスカルは、この基本要素を統計的に分析して、上位表示に必要なキーワードの網羅情報をアシストします。

キャプション:情報の網羅性画面。指定URLにおいて、使っていない抜けキーワードがひと目でわかる。クリック/タップで拡大
情報の網羅性画面。
指定URLにおいて、使っていない抜けキーワードがひと目でわかる。
クリック/タップで拡大

【パスカル無料体験版】簡単申し込み!土日を含まない4日間ご体験いただけます!

パスカル

SEOの作業時間を大幅に短縮できる「パスカル」。ドメイン無制限、分析サイト制限なしで、どなたでもご利用いただけます。
950社以上の企業で導入!多数のお客様事例をWebサイトで公開しています。
★無料体験の申し込みはこちらから!

次のページ
記事構成と執筆を助ける3つのポイントを表示

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/01 11:00 https://markezine.jp/article/detail/35419

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング