SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マクロミル、各種広告媒体で活用できる「コロナセグメント ターゲティング」を提供開始

 マクロミルは、消費者セグメント「With COVID-19 Segment」にもとづきデジタル広告配信を可能にするサービス「コロナセグメント ターゲティング」を開始した。「コロナセグメント ターゲティング」では、マクロミルが「生活の質」「消費価値」「生活態度」の3つの軸をもとに、消費者を6つの類型に分類した「コロナセグメント」を活用。同セグメントによるオーディエンスターゲティングが「Google Ads」をはじめとした各種広告プラットフォーム上で行えるサービスとなっている。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

 同社は「コロナセグメント」の6分類に判定済みのマクロミルモニタを約45万人保有している。そのため、「コロナセグメント」のデータ付与を目的としたアンケート調査を行うことなく、同モニタのデータと広告プラットフォームを連携させて類似ターゲットへの広告配信を行うことができる。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

 一方で「コロナセグメント」のデータは、アンケート調査において1問加えるだけで判定・付与することができることから、「自動車購入意向者」「健康志向者」など任意の条件にもとづいて選定・抽出するマクロミルモニタについて新たに「コロナセグメント」の判定・付与を行い、そのモニタのデータを拡張元として、類似ターゲットに広告配信することも可能だ。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

 なお、広告配信時に、広告配信による影響を避けるため、拡張元となるマクロミルモニタには広告が配信されないようコントロールする。

【関連記事】
withコロナ時代の消費者を分類 マクロミルが「With COVID-19 Segment」を開発
三井住友カードとマクロミルが業務提携 企業向けデータ分析支援サービスの強化へ
マクロミル、役員人事の内定を発表 新グローバルCEOに現副社長 日本代表の佐々木徹氏が内定
マクロミル、新しい生活様式に対応したリサーチの新ソリューション「ライブアンケート」を提供開始
マクロミル、「コンシューマー・インサイト連動配信」を提供 意識調査データと連動し広告配信を自動最適化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/08 17:30 https://markezine.jp/article/detail/35476

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング