SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

次世代のマーケターが持つべき視点とデジタルマーケティングの新常識を解説【MarkeZine Day】

 MarkeZineは、2021年3月2日(火)~3月4日(木)の3日間にわたり、「MarkeZine Day 2021 Spring」をオンラインにて開催する。現在40を超えるテーマを発表し、50を超える様々なセッションを催す。

 3月4日(木)の14時35分から行われるセッション「『デジマ』の新たな常識~2021年マーケターが持つべき新たな視点」では、セールスフォース・ドットコムの熊村 剛輔氏が登壇。

 同セッションでは「マーケターの視点」について語っていく。マーケティングにおいて、「デジマ」というワードが浸透し語られてきている。これまで多くのツールを導入し、顧客とのコミュニケーションの仕組みを構築してきたのがマーケターであった。しかし、それらのツールはチャネルを横断し顧客と適切なコミュニケーションを図れる仕組みとなっているだろうか。

 同セッションではこれからのマーケターが持つべき視点と、各チャネルを横断して仕組みを構築する方法を紹介する。既存のツールを横断・統合的に活用したい企業には役立つ内容となっているので、ぜひ聴講いただきたい。

【開催概要】

イベント名称:MarkeZine Day 2021 Spring
登壇セッション:「デジマ」の新たな常識~2021年マーケターが持つべき新たな視点
登壇者:セールスフォース・ドットコム
    マーケティングクラウド本部 エバンジェリスト 熊村 剛輔氏
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

【関連記事】
【参加無料】subsclife、Greenspoonが登壇!サブスクモデル成功の秘訣を語る
YouTube、インスタライブ、Zoom、動画コマースを成果につなげるポイントとは【参加無料】
バルクオム、米国に進出しEC販売を開始 バラエティショップでの販売も予定
【参加無料】「カメラのキタムラ」事例に学ぶ、データ分析の心得
オラクル・アドビとひも解くデータ収集・活用の新時代【参加費無料】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング