SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通が「dentsu SX」発足、リテール領域のオンオフ統合の最適ソリューションを提供

 電通は、電通ライブ、電通デジタル、電通国際情報サービス(以下、ISID)、電通テック、電通クリエーティブX、サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)の国内電通グループ各社と、OMO時代に沿ったオンオフ統合の購買体験を顧客目線でデザインし、リテール領域において企業の事業成長に貢献するプロジェクト「dentsu SX(エスエックス)」を発足した。

各社が担うソリューション領域
各社が担うソリューション領域

 dentsu SXでは、電通グループのこれまでの蓄積と、デザインコンサルティングファームfrog design inc.の知見を統合。電通独自の顧客行動データや、AI・DX・D2C・BOPISなどの最新テクノロジーを活用し、顧客インサイトをつかむクリエイティビティと掛け合わせることで、顧客視点に立ったブランド独自の購買体験を創出する。

 さらに、電通グループ各社の強みを統合することで、1回の購買体験で終わらせるのではなく、その後の顧客育成・ファン化までブランドと顧客の関係値を構築するジャーニー全体で設計。実現に向けたソリューション開発、実装、継続運用までをワンストップで提供する。

dentsu SXが提供するソリューション例
  • リテール領域を基点とした成長戦略・顧客戦略の設計
  • AIを活用した顧客別売上予測を元にした広告運用
  • オンオフを横断したリード獲得施策による効率的な店舗集客
  • 顧客起点のUXデザイン・インタラクションデザイン・スペースデザインの提供
  • 店舗やポップアップストアなどオフラインコンタクトポイントにおける運営計画と実施
  • デジタルサービスの開発、デジタルマーケティング戦略の設計から実行までのサポート

 なお「SX」はShopping ExperienceやShopping Transformationといった意味を掛け合わせた造語。

【関連記事】
Reproが「洋服の青山」のOMO推進パートナーに アプリ・ウェブのマーケティング支援を開始
SupershipとKDDI、効率的なストアマーケティングを支援するOMOソリューションを提供開始
ロケーションバリュー、ユーザーを軸とした一気通貫のOMOマーケティングソリューションを提供
CCCマーケティング、DNPと連携 T会員基盤を用いたOMOダイレクトマーケティングサービスを開始
ZETAと博報堂プロダクツ、OMO領域ビジネスの共同事業をスタート 店舗DXの推進へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング