SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドビとDNP、パーソナライズドコンテンツ制作の業務効率化を支援するサービス開発で協業

 アドビは、大日本印刷(以下、DNP)および企業の総合的なマーケティング施策を支援するDNPコミュニケーションデザイン(以下、DCD)と、総合的なデジタルアセット管理(DAM)を実現する「Adobe Experience Manager Assets」を生かした業務効率化支援サービスの開発で協業した。

コンテンツ制作の業務効率化の概要
コンテンツ制作の業務効率化の概要

 近年、企業は生活者のニーズに合わせて各種コンテンツをタイミングよく訴求することが求められているが、実現には多くの部署や協業先が横断的に関係するため、コンテンツに使用するアセットの散在を防ぐための管理や、必要な時に必要なコンテンツを短期間で大量に制作するのが難しいという課題がある。

 DCDが導入企業に代わって企業のマーケティングにおける紙メディア・Webメディア・アプリなどに使うテキスト・画像・動画等のアセット(情報資産)を一元管理し、コンテンツ制作からPDCAの運用を一貫して支援することで、パーソナライズされたコミュニケーション施策の実施につなげていく。

 DNP・DCD・アドビの3社は機能開発や実証実験を進め、2021年7月にサービスの提供開始を予定している。

 なおDCDは、2019年にAdobe Experience Manager Assetsを導入し、各種アセットの一元管理と制作業務の効率化を進め、従来の制作工程の時間を25%短縮している。

【関連記事】
スリーシェイクとアドビがパートナーシップを締結 Marketo Engageの外部システム連携を支援
Contentservとアドビ、Adobe Creative Cloudの新たな統合機能を提供
アドビ、顧客体験管理のための「Adobe Experience Platform」の国内提供を開始
テテマーチとHoney Atが協業 Z世代に共感されるコンテンツ制作・コミュニケーション設計の支援へ
CCI、講談社、凸版印刷、 コンテンツビジネスのデータ活用を推進する合弁会社を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング