SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

【参加無料】丸亀製麺が語る、コロナ禍の業績回復を早めた「安心認知」と「テイクアウト参入」の裏側

 MarkeZineは、2021年3月2日(火)~3月4日(木)の3日間にわたり、「MarkeZine Day 2021 Spring」をオンラインにて開催する。現在40名を超えるスピーカーを発表し、50を超える様々なテーマのセッションを催す。

 3月3日(水)の17時5分から行われるセッション「丸亀製麺に聞く、コロナ禍に掴んだ勝ち筋と消費者理解 業績回復を早めた安心認知とテイクアウト参入の裏側」では、トリドールホールディングスと丸亀製麺でマーケティング部長を兼任する南雲克明氏が登壇する。

 新型コロナウイルスの猛威により消費者行動は一変し、あらゆる企業においてターニングポイントとなった2020年。過去にとらわれず成長した企業はどのような勝ち筋を掴んだのだろうか。

 外食産業がコロナ禍において逆風を受ける中、丸亀製麺ではマーケティング部門が消費者理解に基づき起案した新戦略で成長を続けている。本セッションでは、それらの取り組みの中から安心認知戦略、テイクアウト参入における戦略の概要を、同社マーケティング部門の南雲氏自らが登壇し解説する。

 コロナ禍において自社のブランド価値を基に新たなコミュニケーションを創出したいマーケターやブランド担当者、新サービスに乗り出したい企業にオススメのセッションだ。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2021 Spring
登壇セッション:丸亀製麺に聞く、コロナ禍に掴んだ勝ち筋と消費者理解 業績回復を早めた安心認知とテイクアウト参入の裏側
登壇者:株式会社トリドールホールディングス/株式会社丸亀製麺 マーケティング部長 南雲克明氏
日時:2021年3月3日(水)17:05~17:50
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

【関連記事】
コロナ禍で自社のブランド価値を見直したいマーケター必見!ユーグレナのブランディング戦略【参加無料】
売上・集客UPにつながるAR活用と成功事例/2021年コロナ禍、有効なBtoC施策とは【参加無料】
マクロミル、各種広告媒体で活用できる「コロナセグメント ターゲティング」を提供開始
GO、コロナ禍で困窮する企業をアイデアで支援 緊急事態宣言延長により「プロブレ」の無償提供を再開
コロナ禍により増えた自由時間の使い方、「テレビ視聴」と「動画視聴」が拮抗/Mediabrands調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング