SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADK CO、課題に応じてブレーンが選べる「ADK CREATIVE MALL」発足

 ADKクリエイティブ・ワン(以下、ADK CO)は3月5日、専門性によって課題解決のブレーンを選べるクリエイター専門店街「ADK CREATIVE MALL」を発足した。

 同社は、クライアント企業の抱える課題や悩みを分類すると同時に、各クリエイターが持つ専門性やスキルを整理。クリエイターの得意領域にフォーカスし、課題解決のソリューションを軸としたユニットに再編成。

 従来の広告クリエイティブだけでなく、戦略構築からPR、デジタルテクノロジーなど専門領域に特化した11のソリューションユニットから、課題に応じて最適なパートナーを選べるようにした。

 各分野で実績のあるクリエイティブ・ディレクターが、それぞれのオーナーをつとめ、クライアント企業と課題や悩みを共有し、アウトプットまで並走して解決していく。

 なお、ラインナップは事業経営レベルでの課題解決から、テクニカルなコンテンツ開発まで、ビジネスの川上から川下まで取りそろえられている。

 企業のビジネス課題が複雑多岐にわたる今、クリエイティブに期待される役割はますます高度化し、かつ広範囲にわたっている。一方で、本質的な課題解決を望むクライアント企業とクリエイターのミスマッチなど、従来の広告代理店モデルにもとづくクリエイティブビジネスのあり方に限界が生じつつある。

 今回の取り組みはクライアント企業とクリエイティブの新たなビジネスパートナーシップ構築へのニーズに応えるべく、2019年のADK CO設立当初より描いていた「モール構想」を実現したもの。

【関連記事】
ADK CO、DX時代のコミュニケーション課題をオンラインで解決する「ONE ONLINE」を開始
ADKグループ、デジタル&データドリブン・マーケティングを専門領域とする新事業を開始
ADK、and marks、アプセルの3社、D2C/DX支援パッケージを提供 ブランド立ち上げ後押し
GO、クリエイティブディレクター養成に特化した教育プログラムの開講へ
セプテーニ、AIと人によるクリエイティブ制作で広告効果を担保するメソッドを構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/05 16:00 https://markezine.jp/article/detail/35681

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング