SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤマダHD、アドインテと協業 ヤマダデンキの全店舗に棚前デジタルサイネージを設置、広告枠を販売

 ヤマダホールディングスは、リテールメディア開発・運用を行うアドインテと協業した。両社は全国にあるヤマダデンキの全店舗(約700店舗)に、棚前デジタルサイネージメディア7,000面を設置。また、両社はサイネージ広告媒体「ヤマダデンキ棚前サイネージメディア(仮)」を共同開発し、広告枠の販売を開始した。

サービス概要イメージ
サービス概要イメージ

 「ヤマダデンキ棚前サイネージメディア(仮)」は、ヤマダデンキの全国の売り場内に設置された棚前サイネージに動画を放映することができる。また、アドインテ独自開発のIoT端末「AIBeacon」を活用し、放映しているコンテンツに連動させてヤマダデンキ ケイタイde安心アプリへのプッシュ通知で情報を配信することも可能だ。

 来店者は、チラシ情報と連携した店舗内のクーポンやお買い得情報、季節に応じた目玉商品などをリアルタイムに受け取れるようになる。

 売り場での訴求を行うことで購買行動に直結する効果を狙えるだけでなく、ブランドメーカーの商品認知から購買行動までの一連のプロセスをカバー。訴求した商品の購買の計測まで行える取り組みとなっている。

【関連記事】
アドインテ「AIBeacon」、店舗独自のLINEクーポンの配信/プッシュ通知を行うサービスを提供
ワールド・モード・ホールディングスとアドインテ、ファッション・コスメのEC集客ソリューションを提供
東京ドーム、「AIBeacon」を提供するアドインテと資本業務提携 スマホを軸に行動データを可視化
アドインテ、地域・属性・嗜好性に応じた「ジオターゲティング配信サービス」を提供開始
ヤマダ電機、LINEの「SHOPPING GO」導入を開始 ポイント付与キャンペーンも実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング