SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通アイソバーと電通デジタルが合併、新生「電通デジタル」に より統合的なソリューション提供へ

 電通アイソバーは、電通ジャパンネットワークの中の電通デジタルと合併し、2021年7月1日より新生「電通デジタル」として事業を展開することを決定した。

 具体的には、電通アイソバーのクリエイティビティとテクノロジーの融合によるCXデザイン力、グローバルでのケイパビリティ、コマース構築力と、電通デジタルのソリューションの専門性やその統合力を一つにし、より高度で統合的なソリューションの提供を可能にする。

 これにより、新生「電通デジタル」では、クライアントの事業成長のパートナーとして、DX推進からデジタルタッチポイントすべてをつないだブランディングに至るまで、創造性をもった課題解決を実現していく。

 なお、この合併は、電通デジタルを存続会社、電通アイソバーを消滅会社とする吸収合併方式で行う。新生「電通デジタル」は社員数2,000人規模(合併後見込)となり、クライアントのDXニーズの高度化、大規模化への対応力を向上するとともに、両社が築いてきた経営手法や企業文化の融合によってチームとしての強度、信頼性を磨いていく。

【関連記事】
電通グループ3社、クラウドインテグレーションを強化する横断組織を設立 400人規模で企業のDXを推進
ソーシャル広告、全体の3割超え/電通グループ4社が「2020年日本の広告費」の詳細分析を発表
楽天、電通および電通デジタルと連携 広告ソリューションの企画・開発を開始
電通、2020年日本の広告費を発表 全体では9年ぶりマイナス成長/ネット広告費は前年に続きプラス成長
電通が「dentsu SX」発足、リテール領域のオンオフ統合の最適ソリューションを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/15 12:00 https://markezine.jp/article/detail/35749

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング