SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

西日本新聞メディアラボ、紙×デジタル統合パッケージサービス「LOCAL SAND」提供

 西日本新聞メディアラボは、ローカルエリアでのプロモーション向けの紙×デジタル統合パッケージサービス「LOCAL SAND(ローカルサンド)」をリリースした。

広告ラインナップ
広告ラインナップ

 LOCAL SANDは、ローカルエリアでのブランド認知から来店想起までをカバーした紙とデジタルのチャネルを横断させたサービス。新聞広告とデジタル広告を実施できるようパッケージ化されている。

 新聞やフリーペーパーの紙では県内・市内の広域にアプローチし、デジタル広告では特に狙いたいエリアに絞って重点的にアプローチするなど、対象エリアを網羅したプロモーションを実現する。

 また、店舗商圏3km以内のアプローチであれば、直接、自宅のポストに届く新聞折込チラシやポスティングチラシと位置情報×属性を掛け合わせたデジタル広告を統合させることで、紙とデジタルのチャネルを横断した広告接触が可能。

対象エリアの考え方
対象エリアの考え方

 デジタル広告は位置情報ターゲティング広告「LocAD+」を利用。GPS情報を活用した高精度な位置情報から行動履歴を分析し、ユーザーの属性を掛け合わせることで「商圏」×「性別」×「年代」のターゲットを指定した広告配信が可能。広告の掲載先は70,000媒体以上で、さまざまなアプリやWEBサイトに配信される。

 LocAD+では福岡県版の地点カテゴリも用意されており、今後、広告主から要望の高い地方に特化した地点カテゴリを追加していく予定。

LocAD+カテゴリ一覧
LocAD+カテゴリ一覧

【関連記事】
西日本新聞メディアラボ、位置情報連動型スマホ広告サービス「LocAD+」のアップデート版を提供
西日本新聞メディアラボ、音声広告の配信を支援する「MiMiAD」を提供開始
朝日新聞社、近所がテーマのローカルSNS「地区トーク」を新スタート
電通と名古屋大学、中日新聞が包括的連携協定を締結 地域産業、地域社会の発展を目指し協働
新聞社の動画とTwitterの広告メニューを連携 博報堂DYMPが動画広告配信の「LoNTI」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/19 14:13 https://markezine.jp/article/detail/35780

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング