SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アサヒビール、データ分析・活用を共同で推進するパートナーの募集を開始 新たな価値の共創へ

 アサヒビールは、データを活用した新たな価値創造を実現するために、同社が保有するビッグデータの一部を共有し、共同で分析・活用を推進するパートナー企業の募集を3月17日(水)に開始した。広告・販促領域において、パートナー企業と共同で新たなサービスや仕組みを開発することで、より魅力的で便利な酒の提案を目指す。

 今回の募集は、専用サイトから応募が可能。一定の審査を実施の上、応募した企業の中から数社を「データパートナー」として認定する。データパートナーとなった企業は、アサヒビールが保有するデータの一部や、SNS・ホームページなどを活用し、新たなサービスや仕組みを同社とともに立案・実行・推進する。

 また定期的に、事前に設けたテーマに沿って互いに議論する場を、データパートナーごとに設ける予定。たとえば「商品・ブランドの価値向上」や「お客様が参加しやすいキャンペーンの仕組み構築」など、具体的な課題に沿った提案をデータパートナーから受け、アサヒビールの知見と合わせて両社で議論を深めながら実現に向けて取り組んでいく。

 これによりアサヒビールでは、単なるビッグデータの分析で終わるのではなく、データを活かして顧客がより同社商品に魅力を感じ、手に取りやすくなるような新たな価値の創造を目指す。

 なお、主な対象企業は、広告会社、システムインテグレーター、メディア、プラットフォーマー、コンサルティング会社、その他データ関連企業。応募期間は、2021年3月17日(水)から3月31日(水)までとなり、応募企業への結果発表は4月中旬頃を予定している。

【関連記事】
ユニークビジョン、LINEを活用した「レシート応募キャンペーン機能」をリリース アサヒビールが活用
GMO NIKKO等、LINEでのレシート応募に対応したキャンペーン支援へ アサヒビールが先行導入
「Spotify Advertising PARTNER」リニューアル、新たに4社がパートナーに
アクセンチュアと資生堂、DX加速を目的とした戦略的パートナーシップに合意
Reproが「洋服の青山」のOMO推進パートナーに アプリ・ウェブのマーケティング支援を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/18 12:30 https://markezine.jp/article/detail/35803

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング