SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂とアイスタイル、ビューティ領域のDX推進支援プロジェクトを始動

 博報堂とアイスタイルは、クライアント企業のビューティ領域におけるAI技術を活用したDX推進およびブランドとユーザーの関係性構築支援を目的に、「Beauty Data Studio」を始動。第一弾として、AIを活用した予兆モデル構築とソリューションの共同開発を開始する。

 現在、化粧品市場をはじめとするビューティ領域では、SNSの普及や新型コロナウイルス禍の影響で非接触化が進み、広告や接客、購買などあらゆる顧客接点のDX化が加速している。その中で、データを活用したマーケティング活動の重要性はますます高まることが予測され、生活者の美容意識や悩み、生活環境の変化などに寄り添った柔軟なアプローチを継続することが今後さらに求められてくる。

 「Beauty Data Studio」では、購買のみならず、商品ページの閲覧、ライブ配信の視聴、カウンセリングの体験など、「生活者が動く」アプローチの設計まで一気通貫したソリューションの提供を目指し、クライアント企業のビューティ領域におけるDX推進を支援する。

 その第一弾として、AIによる購買予兆モデルの構築を開始。アイスタイルが有するビューティデータと博報堂の持つ生活者DMPを活用し、美容プロダクトの購買に繋がる生活者の意識や行動変化を多面的に捉えることでこれを実現する。また、そこから得たデータによるユーザー理解をもとに、ビューティ企業向けの顧客獲得・育成ソリューションの開発にも共同で取り組んでいく。

 今後は、クライアント企業と共に実証実験を行い、「生活者が動く」アプローチの精度を高めながら、新規顧客の獲得、将来顧客の育成やブランドファン化施策、アイスタイルのビューティ特化型マーケティングプラットフォーム「Brand Official」でのマーケティング分析の拡充など、ビューティ領域におけるブランドとユーザーの関係性の構築を支援していく。

【関連記事】
アイスタイル、「@cosme」のデータベースを可視化へ 新しい化粧品マーケティングの在り方を発表
アイスタイルと資生堂「ワタシプラス」の協業プロジェクトが始動 コト軸でコンテンツ・体験を提供
アイスタイル、小売店支援事業を開始 ~第一弾は新規・見込み客のO2O支援サービス
市場調査会社Mintel Japan、ビューティ・パーソナルケア・ライフスタイル系レポートを提供開始
ランチェスターの「EAP」、ビューティーブランド「THREE」の公式アプリに導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/18 09:45 https://markezine.jp/article/detail/35805

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング