SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロケーションバリューが社名変更、アプリ開発から一気通貫のデジマソリューション提供へシフト

 NTTドコモ(以下、ドコモ)のマーケティング分野における新規事業型子会社ロケーションバリューは、2021年4月1日より、ロケーションバリューの商号を「株式会社DearOne」に変更する。

 ロケーションバリューはこれまで、dポイント加盟店のオウンドアプリの開発や、オウンドアプリにdポイントカードを表示するなど、スマートフォンアプリの開発、運用を事業の柱としてドコモとのシナジーを高めてきた。

 一方、デジタルマーケティングの分野でより幅広い課題解決を実現するため、ユーザー行動分析ツールを提供する米国Amplitude(アンプリチュード)の日本総合代理店となるなど、アプリ以外の分野での事業を広げてきた。

 この状況下において、位置情報に価値を持たせる意味で名付けた「ロケーションバリュー」という社名が、同社の目指す価値や事業領域とそぐわなくなってきたことから、より幅広い分野でのサービス提供を行う企業としてブランド力の強化を行うべく、今回の社名変更に至った。

 同社は今後、アプリ開発に加えAmplitudeの取り扱いを通じて蓄積された、デジタルマーケティングツールの導入から運用までの知見を生かし、dポイント加盟店へ一気通貫なデジタルマーケティングソリューションを提供していく。

【新社名】
新社名:株式会社DearOne(英語表記:DearOne, Inc.)
変更日:2021年4月1日
住所:東京都港区虎ノ門 3-8-8 NTT虎ノ門ビル 4階
代表者:代表取締役社長 河野 恭久

【関連記事】
ロケーションバリュー、アプリ市場と利用動向の分析サービス「SmaRepo β版」を提供開始
JR東日本リテールネットとロケーションバリューが「NewDaysアプリ」を開発 スタンプ機能を搭載
ロケーションバリュー、ユーザーを軸とした一気通貫のOMOマーケティングソリューションを提供
ロケーションバリュー、ModuleApps代理店プログラムを開始 アプリによる多様な施策提案を可能に
大好きな人やキャラクターとの対話をAIが実現!NTTドコモ、「キャラクタ雑談技術」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/18 11:50 https://markezine.jp/article/detail/35808

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング