SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MySpace、ユーザーのプロフィールをYahoo!、Twitterらと共有へ

 米大手SNS「MySpace」は5月8日、Yahoo!、eBay、Photobucket、Twitterをパートナーとして、ユーザーのプロフィールを共有する「Data Availability」というプランを発表した。共有されるデータは、プロフィール情報、写真、動画、そして「フレンド」と呼ばれる友達や知り合いのネットワーク情報。

Twitterにおけるデータ共有イメージ
※画像はプレスリリース(Business Wire)より転載

 これによって、MySpaceユーザーが公開しているプロフィールデータなどが各社サービスでも利用可能となり、ユーザーは1つのサービスで自身のプロフィールを更新すれば反映される。この機能は数週間のうちに、参加サービスで提供を開始する予定となっている。

 クローズドな環境でコミュニケーションを楽しむSNSが各国で人気を博す一方で、SNSの内部で蓄積されている情報の価値に注目し、それにアプローチしようとする動きが最近活発化している。ユーザーの人となりを知ることができるプロフィール情報はSNSでは欠くことのできないもの。MySpaceと競合するFacebookもこの機能の拡充に努めている。

【関連リンク】
Facebook、アクティブユーザーが7,000万人を突破 MySpaceを猛追
iTunes Storeの1人勝ちにMySpaceが「待った!」、レコード3社と音楽販売ビジネス参入
MySpace、ユーザーの個人データを利用したSNSアプリ開発が可能なプラットフォームを日本展開
Yahoo!、MySpace、Googleが「OpenSocial財団」設立へ、Facebook不参加、Microsoftは?

プレスリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/12 13:00 https://markezine.jp/article/detail/3589

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング