SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

営業支援ツール「ネクストSFA」がGoogle広告と接続 成約ベースでの広告配信自動最適化を可能に

 ジオコードは、同社が提供する営業支援ツール「ネクストSFA」とGoogle広告との機能接続を開始した。

 Web広告ではこれまで「問い合わせ」「資料請求」「見積もり依頼」「予約」などを成果地点に設定することが一般的であった。しかし本来であれば、「受注獲得」「売り上げ計上」のような企業の業績に直結する部分に成果地点を置きたいところだ。

 今回のGoogle広告との機能接続によりGoogle広告経由で発生したオンラインリードをネクストSFAにインポート。オンラインリードがビジネスの最終目的である受注獲得や売り上げ計上に貢献したかを可視化。さらにSFAツール上でトラッキングされた成約データを、オフラインコンバージョンとしてGoogle広告に返すことができる。

 これにより「受注獲得」や「売り上げ計上」といった本来広告主がKPIとして設定すべき「成約ベース」での広告配信自動最適化を可能にした。

ネクストSFAの管理画面イメージ

【関連記事】
SOPHOLA、英PPC Protect社のGoogle広告クリック不正対策ソリューション提供へ
アイレップ、Google広告の運用からデータ基盤構築、分析までの統合を支援する組織立ち上げ
EVERRISEのCDP「INTEGRAL-CORE」、Google広告/GAとの連携機能を強化
データ統合自動化の「trocco」が「Google広告」他主要広告サービスやkintoneに対応
Google広告のアプリ キャンペーン動画広告を秒単位で分析!アドウェイズが新機能をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/31 08:30 https://markezine.jp/article/detail/35944

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング