SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フラーと東急、地域内の生活支えるアプリ「common」公開 二子玉川駅周辺からスタート

 フラーと東急は、地域共助を支えるスマートフォン(以下、スマホ)アプリ「common(コモン)」を開発し、3月30日に公開した。

 同アプリは二子玉川駅周辺エリアを対象に街の情報を投稿・共有したり、身の回りの知りたいことを質問・回答したりできるもの。さらに、投稿、質問・回答といったアクションを街での貢献活動として数値として可視化する。

 特徴はコミュニケーションできる範囲を、駅を中心とした生活圏単位としたこと。これまでのSNSのような不特定多数でも、特定の知り合いでもない、「同じ街に住む特定多数の人とのコミュニケーション」という体験の実現を目指す。

 また、すべての「投稿」、「質問」は位置情報に基づきマップにも表示されるため、街の中で「いつ」「どこで」「何が」生じたのかを直感的に確認できる。

 なお、同アプリは地域住民同士のコミュニケーション円滑化を意図して、ユーザーは匿名登録で利用が可能。また今後は「その街の居住者かどうか」を認証する仕組みを取り入れていく予定。

【アプリ概要】
アプリ名:common(コモン)
公開日:2021年3月30日(火)
対象地域:二子玉川駅周辺エリア ※順次、エリア拡大予定。

【関連記事】
楽天と東急、新会社「楽天東急プランニング」を設立 双方のオンオフデータを活用した事業開発へ
東急エージェンシーとオムニバス、デジタルマーケティングの合弁会社「アラテ」を設立
味の素、生活改善をサポートするスマホアプリ「aminoステップ」4月提供へ
阪急阪神HD、西宮市域で居住者向けMaaSの実証実験へ 検索・予約・決済などワンストップで提供
JALとUber、戦略的パートナーシップ契約締結 Maas領域の強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング