SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NEC、森ビル開発の都市デジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を通じて”都市DX”を推進

 森ビルは、六本木ヒルズをはじめとする「街(ヒルズ)」において、街の利用にかかるデータや街の中の様々な施設で得られるデータを統合・分析し、より豊かな都市生活・顧客体験につなげるための都市デジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を開発。4月5日からサービスを開始する。

 これにより、利用者ごとに最適なサービスの提供、利用者の体験価値の向上、街情報の見える化・マッチングによるコミュニティの活性化、施設運営の最適化といった新たな価値を創出し、シームレスな都市生活の実現を目指している。

 今回、この「ヒルズネットワーク」に「NEC Smart Connectivity」が採用された。

 「NEC Smart Connectivity」は、IDを軸にして、人とサービス、人と都市、人と人のつながりを実現するプラットフォーム。集積したデータを活用することで個人の属性に合わせたサービスの最適化を実現するものだ。

 「ヒルズネットワーク」と「NEC Smart Connectivity」が連携することで、利用者は六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、アークヒルズなど森ビルが管理・運営する複数の街における様々なサービスをオンライン上で完結させることが可能に。利用者の属性、街・施設の利用履歴、位置情報などのデータに基づいて、利用者一人ひとりに最適化された街の情報を受け取ることができる。

  NECは、森ビルが管理・運営する複数の街において、居住者、ワーカー、来街者など街の利用者に関連するデータ基盤の整備とその利活用を通じた新たな価値創出に取り組んでいく。

【関連記事】
USEN、Qosmo、森ビルの3社がコラボ AIが店舗BGMを選曲する実証実験を開始
東京メトロと東京都交通局、共同で「駅構内ナビゲーション機能」を提供 大都市型MaaS実現へ一歩
豊かなストーリー性を持つことが行動へつながるポイントに 全国51都市ブランド調査【電通調査】
電通、繁華街の行動データを分析する「マチログ」リリースへ~屋外広告の効果を可視化
凸版印刷が「地域Pay」の提供を開始 自治体・商店街のキャッシュレス化を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング