SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ルームクリップ、住まいや暮らしの変化を調査・発表する「RoomClip住文化研究所」設立

 4月20日、住生活領域に特化したソーシャルプラットフォーム「RoomClip(ルームクリップ)」運営のルームクリップは、住まいと暮らしの「今と未来」について調査・研究する組織「RoomClip住文化研究所」を設立する。

 RoomClipに投稿された膨大な写真やコメント・タグなどの実例データと、検索や閲覧などの行動データ、ユーザーアンケート・インタビューなどを基に、住まい・暮らし領域のトレンドや消費性向などについて研究・発表するプロジェクトで、初回調査テーマは「新型コロナで変わった暮らしと住まい」。

 少子高齢化やテクノロジーの進展、気候変動による災害の激甚化など、さまざまな社会的変動は人々の暮らしを変え、住まいも形を変えている。特に昨今は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、人々の「家」に対する意識や価値観は急激に変化している。

 そこで、RoomClipのデータとコミュニティを活用し、住まいや暮らしの変化を定量・定性の両側面から調査し、より快適な住まいを生み出していくきっかけを作ることを目的にRoomClip住文化研究所が設立されるに至った。

 また、プロジェクト始動に伴い、2021年4月20日(火)11:00より設立発表会が開催される。

 同発表会では、初回レポート「新型コロナで変わった暮らしと住まい」について発表されるほか、SUUMO編集長の池本洋一氏と、クックパッドJapan執行役員の影山由美子氏によるトークセッションも実施予定。

【関連記事】
エシカルの認知率は2割/CCCマーケティングカンパニー「エシカル消費研究会」設立、実態調査結果を公開
広告3団体「デジタル広告品質認証機構(JICDAQ)」設立、事業開始
スマートキャンプ、SaaS領域に特化したデジタルエージェンシー「ADXL株式会社」を設立
エイベックス、YouTuber向けの総合型クリエイター・エージェンシー「avex fav」を設立
博報堂DY、Well-being領域の新会社Hakuhodo DY Matrix設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング