SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セガ エックスディー、企業のマーケティング支援を目的としたパズルゲームエンジンのサービスを提供開始

 セガ エックスディーは、企業のマーケティング支援向けパズルゲームエンジンを開発し、サービスの提供を開始した。

同社では、過去のクライアント企業の課題解決や、培ってきたロイヤリティを高めるノウハウを活かし、今回のゲームエンジンを開発。提供するゲームは「ステージクリア形式の3マッチパズル」「期間限定ランキングモード」「アバターシステム」「ガチャシステム」の4要素で構成される。ゲームジャンルに幅広い層から人気のあるパズルゲームを採用することで、様々な企業のマーケティング支援を行っていく。

 第一弾の導入企業として、関西電力が同サービスを活用。同社のキャラクター「はぴ太」に合わせて開発した「はぴ太のワールドツアーズ~世界の果てまでレッツゴー!~」を2021年4月14日(水)より提供開始する。

「はぴ太のワールドツアーズ」開発画面より
「はぴ太のワールドツアーズ」開発画面より

 同ゲームは、関西電力の会員向けサービス「はぴeみる電」と連携を行い、会員限定のコンテンツとして提供する。これにより、会員による同サービスサイトへのアクセスを促すことで、サービスへのアクセス頻度と回遊性を高め、サービス全体の活性化を実現する。

 また、既存の会員向けポイント機能との連携により、ゲームのプレイ回数を回復する機能も搭載。各会員が保有するポイントの活用方法として同ゲームを利用できる。

【関連記事】
セガ エックスディーとオルトプラス、DXにおけるゲーミフィケーションを企画・実装する「GDX」を開始
グローバルで見るアプリの成長スコア トップカテゴリはゲームとエンタメ【adjust調べ】
OnePlanet、ドミノ・ピザ新商品発売キャンペーンのARゲームを開発 スコアに応じクーポン発行
UnityとSnapchat運営会社が広告分野などで提携 モバイルゲームユーザーへのリーチを強化
ゲームアプリにおける不正インストール率、グローバルで約170%増加/adjust調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング