SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Yextが検索ソリューションの新機能を発表 外部アプリとの連携強化でデータベースの迅速な構築が可能に

 Yextは、同社が提供する構造化データベース「Yext Knowledge Graph」と、企業サイト内検索ソリューション「Yext Answers」において、サードパーティー製品との連携やサイト内検索機能を強化する新機能を発表した。

 今回同社が発表した「データコネクタ―」機能は、ShopifyやMagento、Zendeskなどの外部アプリケーションやGoogleマイビジネスと連携し、これらのアプリケーションで構築されたサイト上にある情報をYext Knowledge Graphへ一括登録する。これにより、従来は時間を要していたYext Knowledge Graphの構築がスピーディーに行え、業務の効率化につながる。

【クリック/タップで拡大】

【クリック/タップで拡大】

 なお、同機能には企業のウェブサイトをクロールしてデータを抽出し、Yext Knowledge Graphへ構造化データとして自動的に組み込む「ウェブサイトクローラー」も含まれる。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

 また、Yext Answersに加わった「ドキュメント検索」機能では、「ExtractiveQA」という自然言語処理アルゴリズムを使用している。ユーザーが検索窓に入力した質問に基づいて企業のウェブサイトやブログ、製品マニュアルなどの非構造化データをスキャンし、最も関連性の高い単語や文章を探し出して、検索結果ページの上部に質問の答えを直接表示する。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

 同機能が発表時点で対応している言語は英語のみ。日本語への対応は2021年後半あるいは2022年頃を予定している。

【関連記事】
Yext、トランスコスモスと戦略的パートナーシップを締結 サイト訪問者へのCX向上を目指す
2020年の公式な情報の更新数、前年比75%増/Yextがコロナ禍の企業のオンライン情報発信を調査
Yext、新型コロナウイルス拡大による検索行動の変容を調査 日本人の検索行動の特徴とは?
コメ兵、公式オンラインストアにMAツールnununiの導入を決定 検索体験と顧客体験の向上へ
ブレインパッド、SNS分析のスマート検索機能を提供開始 クエリ設定工数の削減を可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング