SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amazonとライフコーポレーション、生鮮食品の最短2時間配送サービスにおいて対象エリアを拡大

 Amazonとライフコーポレーション(以下、ライフ)は、ライフで取り扱っている生鮮食品や惣菜を、注文から最短2時間で届けるサービスにおいて、対象エリアを拡大した。

 両社は2019年9月より同サービスを開始し、対象エリアのAmazonプライム会員に向けて提供を行っている。

 同サービスでは、ライフの実店舗で取り扱っている野菜や果物、精肉、鮮魚をはじめ、「ライフプレミアム」や「スマイルライフ」といったライフのプライベートブランド商品など、計数千点の商品をAmazon.co.jpのWebサイトやAmazonショッピングアプリを通してオンラインで販売。Amazonプライム会員からの注文を受け、ライフ店内の専門スタッフが品質をチェックしながら商品を選び、Amazonの配送ネットワークに乗せて届ける。配送時間は当日または翌日の12:00~22:00(※一部エリアは12:00~20:00)となり、注文者は2時間単位で配達時間を指定できる。

 今回のエリア拡大では、新たに千葉県の我孫子市、市川市、柏市、鎌ケ谷市、白井市、流山市、松戸市の7市と、神奈川県の綾瀬市、藤沢市、大和市の3市、および横浜市の7区(旭区、泉区、瀬谷区、戸塚区、保土ケ谷区、緑区、南区)が配送エリアに加わった。2021年4月20日(火)より、同エリアにおけるサービスの利用が可能となる。両社は今後も対象エリアを順次拡大していく予定だ。

【関連記事】
Kaizen Platform、Amazonのスポンサーブランド動画広告に特化した制作サービスを開始
Barriz、D2C事業者向けにAmazonにおけるスタートアップパッケージの提供を開始
スーパーで充実させてほしい商品は青果や生鮮食品 コンビニでは?/ロイヤリティ マーケティング調査
クラシル、イオンリテールと連携しネットスーパー機能を搭載 レシピ検索から買い物までをシームレスに実現
Amazonとライフコーポレーションが協業 「Prime Now」で生鮮食品のオンライン購入が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング