SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Supership、ブランド棄損対策を標準機能化した成果報酬型広告プログラム提供開始

 4月21日、Supershipは、広告主のサービスを掲載したWEBサイトやブログに、成果に応じて広告費を支払う成果報酬型の広告プログラム「Supershipアフィリエイト」の提供を開始した。

 同プログラムはブランド棄損への対策を標準機能として搭載することで、広告主側のメディア連携審査や運用コストの負担を軽減する、安心安全なアフィリエイトプログラムの提供を現実するもの。

 アフィリエイトなどの成果報酬型広告では、近年、広告主の意図しないコンテンツを扱うWEBサイトへ広告が掲示されてしまう問題が起こるなど、ブランド棄損対策への必要性が高まっている。

 「Supershipアフィリエイト」では、KDDIグループであるSupershipの強みを活かし、同グループのmedibaが運営する「au web ポータル」をはじめ、大手企業をメディアパートナーとする質の高いメディアネットワークの構築を予定している。

 そのため、広告主は良質なWEBサイトへ広告を掲載することができ、意図しないコンテンツを扱うWEBサイトへ広告が掲載されるブランド棄損のリスクを回避することが可能。

 さらに、同プログラムではSupershipグループでアドベリフィケーションツールを開発・提供するMomentum社との連携により同社の提供するURL解析サービス「HYTRA ANALYTICS for Ad Platform」を導入。

 メディアのコンテンツを抽出・解析する仕組みを活用しながら、広告プログラム内におけるすべての広告コンテンツにおいてブランド棄損がないかのチェックを行う。

 今後は、Momentum社の提供するアドフラウド対策ツールの導入を図り、botなどによる不正な広告費の水増しにも対策を行っていく予定。

【関連記事】
Supershipとオラクルが連携 Cookieレス対応とアドベリフィケーション機能の強化へ
集英社、MAQUIA ONLINEほか主要Web媒体でアドベリフィケーション対応を開始
楽天インサイト、インテグラル アド サイエンスと連携し「R-アドベリフィケーション・インサイト」提供
トランスコスモス、運用型広告の配信においてモメンタムの「アドベリフィケーション対策ツール」を導入
IAS、アドベリフィケーションを体系的に学べるオンライントレーニングプログラムを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング