SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

韓国発の法人向けデジタルギフトサービス「mafin」、日本市場に本格参入

 メタップス傘下で韓国のデジタルギフトサービスを手掛けるSmartconが、法人向けデジタルギフトサービス「mafin(マフィン)」の日本における本格提供を開始する。

 韓国におけるデジタルギフトは、個人間で誕生日プレゼントやカジュアルなお礼として贈り合うだけでなく、企業のプロモーションでも必須ツールとして利用されており、市場規模は、2020年に約4,200億円(前年比+26.2%)となり(※)、直近でもさらに成長している。

 Smartconはそんな韓国のデジタルギフト市場が黎明期だった2011年から事業を行い、大手外食チェーンをはじめとした150ブランド以上のデジタルギフトの発行、販売、流通、関連サービスを提供してきた。

 日本でも一層のデジタル化に伴い、デジタルギフトの流通が伸びてきていることなどから、今後日本の市場も大きく拡大することが予見される。Smartconがデジタルギフト活用の盛んな韓国で培ったノウハウやソリューションを日本でも活用することで、企業のDX推進をマーケティングの面から支援していく。

 ※出典:韓国統計庁「オンラインショッピング動向」

【関連記事】
ギフティの法人向けeギフトサービスとアドビのMAが連携、eギフトを活用したWebキャンペーン可能に
リチカ、ECにおける動画活用の販促効果についてギフトサイト「TANP」と共同研究を開始
LINEギフト、贈り主と友だちが同じ商品を共有できる新広告メニュー「ペアギフト」の提供を開始
ギフティ、ラグジュアリー商品拡充へ ホテル業界へeギフト販売システム提供開始
デジマースとVOYAGE MARKETING、デジタルギフトを活用したマーケティングの共同支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング