SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

4割弱がほぼ毎日音楽を聴くと回答 聴取方法は動画配信サイトが最多に【楽天インサイト調査】

 楽天インサイトは2021年4月9日(金)から2021年4月11日(日)の3日間、同社に登録しているモニターの中から全国の20~69歳の男女1,000人を対象に「音楽に関する調査」を実施した。

4割弱がほぼ毎日音楽を聴く

 音楽を聴く頻度を聞いたところ、37.7%が「ほぼ毎日」と回答。特に、20代では61.5%の人がほぼ毎日音楽を聴いていることがわかった。

 また、普段音楽を聴く人に「音楽を聴くシーン」について聞いたところ、「車の運転中」と回答した人が最も多く、56.9%という結果に。次いで「家事をしながら(35.1%)」「電車やバスなど移動中(25.4%)」「自宅での仕事・勉強中(24.2%)」が続いた。

 音楽を聴く時間について、1日あたりの平均時間は平日が51分、休日が54分と同程度に。20代は聴取時間が他年代より長い傾向にあり、1日あたりの平均時間は平日が68分、休日が78分となった。

音楽の聴取方法は動画配信サイトが最多

 普段音楽を聴く人に音楽の聴取方法を聞いたところ、「インターネット動画配信サイト」と回答した人の割合が46.2%と最も多く、次いで「音楽CD/DVD(41.9%)」「テレビ(34.7%)」が続いた。

 年代別に見ると、20代は「インターネット動画配信サイト(50.8%)」「ストリーミング型定額制音楽配信サービス(41.4%)」「ダウンロード型音楽配信サービス(31.1%)」の順で利用者が多かった。50代、60代はともに「音楽CD/DVD」が最も多く、年代によって聴取方法の傾向に違いが表れた。

音楽を聴くためにお金を使っている人は4割超

 普段音楽を聴く人に、「音楽を聴くためにお金を使うかどうか」を聞いたところ、「お金を使っている」と回答した人の割合は42.9%に。中でも20代は「お金を使っている」と回答した人の割合が59.3%と過半数を占めた。

 音楽の聴取方法別に金額の増減を聞いたところ、アーティストのコンサートやライブについて「会場での生演奏」を聴くために使う金額が「減った」と回答した人が6割を超える一方、「オンラインライブ」に費やす金額が「増えた」と回答した人の割合も61.0%となった。

 また、「ダウンロード型音楽配信サービス」「ストリーミング型定額制音楽配信サービス」に費やす金額が「増えた」と回答した人の割合は、それぞれ13.7%、14.4%だった。

音楽の情報源は「インターネット動画配信サイト」が最多

 普段音楽を聴く人に、音楽に関する情報源として活用しているものを聞いたところ、「インターネット動画配信サイト」と回答した人の割合が最も多く61.0%という結果に。次いで「テレビ(49.8%)」「音楽配信サービス(32.8%)」が続いた。20代では「SNS(37.9%)」を活用していると回答した人が他の年代よりも多く、「テレビ(34.9%)」の活用が他の年代よりも低い傾向が見られた。

【調査概要】
調査エリア:全国
調査対象者:20歳~69歳 男女
回収サンプルサイズ:1,000サンプルサイズ(性年代構成比を人口構成比率に合わせてウェイトバック)
調査期間:2021年4月9日(金)から2021年4月11日(日)
調査実施機関:楽天インサイト

【関連記事】
ネットスーパーの認知は女性全体で9割を超えるも、利用経験は2割に【LINEリサーチ調査】
上場企業のMAツール導入率は11.3% 1年間で2.4ポイント増加【Nexal調査】
大学生はAmazonプライムビデオとYouTubeを利用/地上波は録画&TVer【KIRINZ調べ】
大手アパレル企業の収益回復度合いにばらつき 西松屋、しまむらは好調【フルカイテン調べ】
2020年の日本eスポーツ市場、収益の約7割をスポンサー費が占める【角川アスキー総合研究所調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング