SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クロス・マーケティング、定点データをTableauに搭載 インサイト分析ができるBIサービスを開始

 クロス・マーケティングは、研究データ「生活者総合ライフスタイル調査システム」(以下、CORE)をBIツール(Business Intelligence)Tableauに搭載。そのダッシュボードを「CORE BI」として2021年4月より提供を開始した。

 これにより30年以上に及ぶ生活者の意識データと公的統計データの自由な集計・可視化ができ、生活者の意識・価値観の傾向把握などが可能となる。

活用事例(一例)
活用事例(一例)

 COREとは1986年からクロス・マーケティングが行う調査で、首都圏在住の男女3,000人を対象に毎年実施している。家族構成や年収などのデモグラフィックデータに加え、「生活全体の力の入れ方・満足度」などの500以上の生活意識・行動項目を聴取。訪問・郵送による調査だ。ITリテラシーの有無を問わないため、サンプルの偏りがなく、統計的に多様な角度からの分析ができる。

【関連記事】
コロナ禍後「料理の頻度が増えた」が3割/感じる変化は「まとめ買い」【クロス・マーケティング調査】
動画の倍速視聴、20代の約半数が経験あり 倍速で見たいもの1位はドラマ【クロス・マーケティング調査】
コロナ禍の年末年始、「出かけず家で過ごす」が6割超え 感染者急増を背景に/クロス・マーケティング調査
有料オンラインライブ、「視聴経験あり」は18% リアルへの集客効果も?/クロス・マーケティング調査
外食等の外出を伴う消費に回復の兆しも衣類、アクセサリー、化粧品は依然低迷/クロス・マーケティング調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/21 17:45 https://markezine.jp/article/detail/36381

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング