SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サッポロ、電子レシートアプリと店舗と連携したフードテックサービス構築の実証実験

 サッポロホールディングスは、フードテックサービスの構築を目指し、ユニバース、東芝テック、東芝データと6月19日より実証実験を開始する。

 サッポロホールディングスがリリースした、家にある食材から作れるレシピや買い足す食材候補を提案するサービス「うちレピ」(β版)のwebアプリと、電子レシートアプリ「スマートレシート」および、スーパーマーケット店舗を連携し、料理に関連する一連の体験をシームレスにつなぐことを目的としたもの。

 現在の「うちレピ」は、ユーザーの料理に関連する行動体験のうち、「在庫管理」「レシピ決め」にフォーカスしたサービス設計になっている。だが今後、次のような各種連携を構築することで、「買い物」「調理」「保存」へのサービス拡張を目標としている。

  1. 購入情報連携:店舗での買い物情報を、「うちレピ」の食材在庫として取得
  2. 買足し提案連携:店舗の特売情報等と連携し、「うちレピ」から買足すべき食材候補を提案
  3. 冷蔵庫内在庫情報連携:専用機器で取得する冷蔵庫内の特定商品の在庫情報を、「うちレピ」の食材在庫として取得
  4. レシピデータ連携:調理家電を使用したレシピを「うちレピ」に掲載し、当該レシピを選択すると調理家電へ情報連携して、使用する機能が自動選択される

 今回の施策は、このうち「購入情報連携」「買足し提案連携」に関する実証実験。

 「うちレピ」ユーザーは「ユニバース」の店舗で購入した食材情報を、スマートレシートを介して登録することで、自宅食材と合わせて作れるレシピの提案が受けられる。また、「うちレピ」から「ユニバース」の特売食材でつくれるレシピのリアルタイムな提案もなされる。

 今後、同施策を含めた複数の実証実験を今後展開することで家庭での「料理」において、未来のスマートライフ実現を目指す。

【関連記事】
サッポロビールの共創プロジェクト新ステージへ、定期便サービスやラジオなど開始
ハウス食品、調査結果を基に「レシピ語解説辞典」を公開 「適宜」など曖昧な表現を解説し商品PRを促進
cookpad storeTV、小売企業へ広告配信プラットフォームを開放
アドインテ、大日本印刷と資本業務提携 オンライン・オフラインを統合しリテールメディア開発と運用を強化
電通が「dentsu SX」発足、リテール領域のオンオフ統合の最適ソリューションを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング