SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Qoilと京王電鉄、D2Cブランドのショールーミングストア「INSEL STORE」をオープン

 6月30日、アイリッジの子会社でマーケティング事業を展開するQoil(コイル)は、京王電鉄と共同で、京王電鉄が展開する商業施設「キラリナ京王吉祥寺」(東京都武蔵野市)にショールーミングストア「INSEL STORE」をオープンした。

 同店は、出店者であるD2Cブランドと消費者のリアル店舗での接点創出を支援するもの。新型コロナウイルス感染症の影響により購買活動を変化させている消費者に向けて「ショールーミングによるショートタイムショッピング」や「直接試してから買えるEC」として買い物体験を提案する、京王電鉄では初めての導入となる体験型店舗。

 従来のポップアップストアとの大きな違いは次の3つ。

  1. 店舗はあくまでショールーミングの場と位置づけてサンプル品のみ陳列し、購入はECに遷移してもらうモデルである点。
  2. 複数ブランドでスペースをシェアするCo-Retailing(共同出店)によりスペースや運営に必要なリソースを共有・効率化しつつ相互に集客し合える点。
  3. 店頭の行動データも取得しECでのデータと合わせて分析・活用ができる点。

 店頭在庫が不要のためコンパクトなスペースで出店費用が抑えられ、また、販売スタッフやデータ取得に必要な機器準備等もすべてパッケージ内に含まれているため、人件費やオペレーションコストも削減可能。

 来店者は「INSEL STORE」を通じて、通常は手に取って素材を確かめたり試着をしてフィット感を確認したりできなかったD2Cブランドの服やバッグ、アクセサリー等を自由に試すことができる。また、気に入った商品はECサイトで購入し、自宅など希望の場所への配送で受け取ることが可能。

 さらに、出店ブランドは一定の周期で入れ替えを行うため、一つの店舗で様々な商品に出会えるだけでなく、いつ来ても新しい商品に出会うことができる。

 Qoilは今回の共同事業を基軸として、将来的には食品やインテリアなど、衣食住に関わるD2Cブランドへの展開を目指す。

【キラリナ京王吉祥寺「INSEL STORE」詳細】
オープン日:2021年6月30日
場所:キラリナ京王吉祥寺3階(京王井の頭線改札階)
面積:約59平方メートル
出店可能ブース:約20ブース

【関連記事】
ベクトル子会社、渋谷パルコと協業 D2Cブランド向けの体験スペースを渋谷スペイン坂にオープン
アダストリア、初のOMO型店舗「ドットエスティストア」オープン
楽天、実店舗のデジタル化やOMO施策導入などを支援する新会社「楽天DXソリューション」を設立
UUUMとAnyMind、D2Cブランド事業を開始 第1弾として視聴者連動型アウトドアブランドを販売
ファッションメディア「mer」がD2Cブランドをローンチ インフルエンサーや読者コミュニティと共創

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/30 17:00 https://markezine.jp/article/detail/36690

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング