SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロイヤリティ マーケティング、SNS利用状況に関する調査データを活用したサービスの提供開始

 ロイヤリティ マーケティングは、Pontaリサーチ会員のSNS別リサーチ結果をまとめたパネルデータ「SNSパネル」およびSNSでPR投稿の許諾を得た「インフルエンサーパネル」を活用したサービスを提供開始した。

 SNSパネルは、Pontaリサーチ会員約16.5万人を対象に聴取したSNSアカウントの「保有」や「情報の発信・閲覧の状況」「検索・投稿のジャンル」などに関する調査データ。SNSを基軸にしたターゲティングやSNSの利用状況を加味したネットリサーチなどが行える。

 インフルエンサーパネルは、SNSパネルと同様SNS利用状況の調査に加え、定期的に情報発信し、一定数のフォロワーを抱えているユーザー約1.5万人にPR投稿の許諾を得たパネルデータ。商品・サービスのPR依頼や情報の拡散元となる可能性があるユーザーに絞ったプロモーション、購買特性の傾向分析などが行える。

 両パネルを組み合わせることで、次の4つのサービスを提供する。

1.商品・サービスのPRをインフルエンサーに依頼
例:特定のSNSでフォロワー数が500人以上のユーザーに「商品・サービスのPR投稿」を依頼
※同社からインフルエンサーへの依頼時に、投稿へPR案件であることの明示を促す

2.SNSを基軸にしたプロモーション展開
例:SNSでファッションの情報収集をしているユーザーや、特定のSNSでフォロワー数100人以上の情報拡散を見込めるユーザーに向けたプロモーションを展開

3.SNS利用状況を加味したネットリサーチ
例:美容グッズに関する投稿を積極的に行っているユーザーに、新商品の受容性に関するアンケートやインタビュー調査を実施

4.インフルエンサーの購買特性の傾向分析
例:実利用データとSNSの利用状況を掛け合わせ、食品に関する情報を検索しているユーザーの購買傾向を分析

【関連記事】
ロイヤリティ マーケティング、ペルソナマーケティング支援サービス「PERSONA+」を提供
テテマーチ、SNSの企業活動への貢献度と生活者にもたらす影響を解明する「サキダチラボ」開設
電通デジタル、「SNSヘルスチェックプログラム」を提供 企業のSNS運用を支援
LM、16.5万人の「サステナブルパネル」活用サービス開始 SDGsに対する意識・行動調査可能に
AnyMind Groupの「AnyTag」、類似インフルエンサーとPR投稿実績の検索機能を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/05 13:45 https://markezine.jp/article/detail/36712

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング