SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TIS、「TIS MARKETING CANVAS」にパーソナルデータ利活用サービスを追加

 TISは、マーケティングプラットフォーム「TIS MARKETING CANVAS」に、新サービスとして「パーソナルデータ利活用サービス」を追加した。

 TIS MARKETING CANVASは、顧客データとデジタル技術を活用することで、顧客理解とユニファイドコマースの実現を支援するマーケティングプラットフォーム。

 今回追加された新サービスでは、「高セキュリティなパーソナルデータ管理機能」「認証/ユーザー管理」「同意管理」を中心に、顧客1人ひとりへの「レコメンド/マッチング機能」を提供する。

 具体的には、情報銀行などのテクノロジーである「Personal Data Store」を核に、認証基盤と暗号鍵管理の仕組みを組み合わせた。これにより、パーソナルデータのセキュアな取り扱いを意識したアーキテクチャに準拠する形でデータ管理基盤を標準提供する。

 また、エンドユーザーから直接同意を得て取得したパーソナルデータを活用。これにより、ポイントやバリューのほか、パーソナライズしたレコメンドやマッチング提案など、データ提供者であるエンドユーザーへの価値還元を支援する。

 同社は他にも、データの提供先や提供データそのものの分類など、第三者提供をビジネス化するためのサービスデザインや、外部の情報銀行やデータ取引所とのシステム連携を含め、自社で情報銀行を構築したい事業者を支援していく。

情報銀行とは、個人との契約などに基づいて個人のデータを管理し、個人の指示または予め指定した条件に基づきデータを第三者に提供する事業。

【関連記事】
MDIとトレジャーデータ、パートナーシップ契約を締結 生活者同意に基づいたデータ活用の支援へ
Priv Techとソウルドアウトが協業 Cookieの利用同意に基づく中小企業のデータ活用支援へ
Legoliss、「個人データ利用同意管理プラットフォーム(CMP)」の販売・導入支援を開始
インテージ、パーソナルデータ活用を支援する「DATAMeRise」のテスト提供開始
Cookie利用の同意バナー表示、国内大企業の4.75%に留まる【Priv Tech調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/07 17:15 https://markezine.jp/article/detail/36736

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング