SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、若年層への広告配信などを制限 興味関心や閲覧に基づくターゲティングを停止

 Instagramは、Instagram上に作成される若年層のアカウントについて制限を設けたことを明らかにした。

 具体的には、広告主が若年層へ広告を表示する方法に制限を設けた。広告主は数週間以内に、18歳未満(一部の国と地域ではそれ以上)の若年層の利用者についての興味関心や他のアプリやウェブサイトでの閲覧に基づく情報などはターゲティングすることができなくなる。そのため広告主は若年層に向けて年齢、性別、場所に基づいてのみ、広告の配信設定ができる。

 これらの変更は全世界で行われ、InstagramだけでなくFacebook、Messengerにも適用される。

 また若年層のInstagram利用者をデフォルトで非公開アカウントに設定されるように変更した。既にアカウントを公開に設定している若年層の利用者には、非公開アカウントのメリットおよび公開から非公開アカウントに切り替える方法を説明する通知を表示し、選択肢を提供していく。

 加えて、悪意ある一部の成人には若年層のアカウントを見つけにくく変更した。Instagramは悪意がある可能性のある利用者を見つけ、若年層のアカウントのやり取りを防ぐ技術を開発した。

 現在この技術を活用し、該当する成人のアカウントに発見タブやリール、「おすすめのアカウント」上で若年層のアカウントを非表示にしてる。成人のアカウントがユーザーネームを検索して若年層のアカウントを見つけたとしても、フォローできない。また悪意ある成人のアカウントは、他の利用者の投稿に対する若年層からのコメントを見ることも、若年層の投稿やコンテンツにコメントすることもできない。

【関連記事】
Instagram、30秒以内の短尺動画「リール」広告の提供を開始
Instagram、近隣の人気スポットを検索できる「地図検索機能」正式提供
Instagram、クリエイターの収益化サポートを強化 バッジ機能やショップ機能を拡充
Instagram、リールとライブ配信のインサイトが計測可能に
Instagram、ストーリーズに「コラボ」機能をテスト開始 複数アカウントで共同投稿が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/28 17:30 https://markezine.jp/article/detail/36879

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング