SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AnyMind Groupと電通デジタル、物流領域運用とSNS施策によるEC事業の統合的な支援を開始

 8月3日、電通デジタルとAnyMind Group(以下、AnyMind社)は、企業のEC事業における物流領域運用とインフルエンサーマーケティング等のSNS施策強化により、業務効率化と事業成果創出を実現するEC事業統合支援サービスの提供を開始した。

 同サービスでは企業のEC展開における事業立上げの全体戦略からECサイト構築、運用、改善までの統合支援を行う。

 具体的には次の点がポイントだ。

コマース領域全般のコンサルティング

 コマース事業全体戦略、CX戦略、販促戦略、ブランドマーケティング、CRM施策、売上計画といったコマース領域のコンサルティング業務を電通デジタルが実施し、クライアント企業のEC・D2Cの立上げからグロースまでを支援する。

物流領域のプラットフォーム一元管理

 小ロット(従量課金型)から気軽に利用でき、商品管理から配送までを一元管理・支援できるAnyMind社の物流管理プラットフォーム「AnyLogi(エニーロジ)」を活用して、物流領域の業務を支援。これにより、煩雑な作業の時間とコストを大幅に削減し、業務効率化を実現する。また、商品梱包のアレンジや、越境ECに対応する海外発送も行う。

インフルエンサーマーケティング等のSNS施策支援

 AnyMind社のインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「AnyTag(エニータグ)」を活用して、年齢性別、興味関心分野、購買行動等のデータを蓄積。効果測定が難しいとされるインフルエンサーマーケティングの効果の可視化と分析、さらにYouTubeやInstagramなどの公式SNSアカウント運用支援を行う。これにより、中長期的に施策の効果を高め、事業成果創出に繋げる。

 同サービスにより、新規参入企業は、煩雑な作業に時間と手間をかけることなくスムーズに事業開始することができる。また、すでにEC事業を運営している企業は、インフルエンサーマーケティング施策の可視化、改善を通して、EC事業のさらなる成長が期待できる。

【関連記事】
AnyMind Group、日本・アジア向けにEC・D2Cを月額定額型で支援するサービスを開始
電通デジタル、ShopifyのEC事業戦略からフルフィルメントまでサポート ギフト包装アプリも提供
GMO TECHとYextが業務提携 Web集客支援を強化、店舗ビジネスのDX推進へ
GMOペパボと商工中金が業務提携、中小企業のEC開設・運営支援を通しDX推進
BASE、1年で新規に50万ショップ開設 急速なEC需要の高まり背景に累計150万ショップ突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/03 13:30 https://markezine.jp/article/detail/36926

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング