SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネオマーケティング、コンテクスチュアルターゲティング広告とCookieを使用した広告の比較検証を開始

 ネオマーケティングは、慶應義塾大学SFC研究所戦略的データ分析ラボの田代光輝特任教授と共同で、コンテクスチュアルターゲティング広告に関する研究を開始した。

 大手プラットフォーム企業によるサードパーティーCookieの規制により、今後サードパーティーCookieを活用したWebマーケティング施策の実施が難しくなると想定されている。

 こうした背景から、ネオマーケティングは慶應義塾大学SFC研究所と共同で特定のコンテンツを持つWebページをターゲティングして広告配信するコンテクスチュアルターゲティング広告と、Cookieを使用した広告配信を比較する研究を開始した。

 具体的には、ユーザーのセッション時間やCTRなどの行動データを検証。ブランドに関連するキーワードを検索した生活者がその前後でどのようなキーワードを検索しているかを確認し、キーワードと合致する内容のコンテンツを持つWebページに広告配信を行って潜在顧客・見込み顧客へアプローチしたときと、Cookieを使用したときの広告配信のターゲティング精度を調査していく。

【関連記事】
Z世代はネット上の他人のおすすめを重視/ミレニアル世代は納得を重視【ネオマーケティング調査】
AIQとネオマーケティング、SNSを活用した生活者分析領域で協業 企業のインタビュー調査やPRを支援
ネオマーケティング、ブランド想起を獲得する「エボークトセット戦略コンサルティングサービス」を開始
ネオマーケティング、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場へ上場
SNSで参考にするのは「企業公式アカウント」や「親族・親しい友人」の発信【ネオマーケティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/13 18:00 https://markezine.jp/article/detail/37275

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング