SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東京のシニアの8割弱がスマホを所有/ニュース閲覧やWeb検索にも利用【メトロアドエージェンシー調査】

 メトロアドエージェンシーは、東京在住の65歳以上のシニア層を対象に「スマートフォンの所有・利用状況」に関する調査を実施した。

全体の8割弱がスマホユーザー

 事前調査において、東京在住の65歳以上の男女2,288人に対してスマホの所有状況を確認。すると、全体の79.2%がスマホを所有していることがわかった。

 なお、シニア層の中でも若い世代ほど所有率は高く、65~69歳では、86.2%だった。

スマホ利用年数5年以上のシニアは過半数

 本調査は、スマホを所有している東京在住の65歳以上の男女600名を対象に実施。初めてスマホを所有した時期を確認したところ、53.8%が「2016年以前」と回答した。

スマホ所有の理由トップは「使いたい機能があったから」

 次に、スマホを所有したきっかけについて調査。最も多い理由は「スマホで使いたい機能があった(36.3%)」で、次いで「周囲にスマホ利用者が増えた(33.0%)」「家族の勧めで(31.0%)」という結果となった。

6~7割がスマホでニュースチェックやWeb検索を行う

 スマホで行える機能18項目について利用経験を確認したところ、最も多かったのは「電話をする(87.5%)」だった。

 「メールをする(77.0%)」「写真を撮影する(74.3%)」といった基本的な機能のほか、「ニュースを見る」「天気予報を確認する」「検索する」などの利用経験についても高いスコアを示した。

【調査概要】
主体:メトロアドエージェンシー
方法:インターネットリサーチ
対象:
事前調査 東京都在住の65歳以上の男女
本調査 東京都在住の65歳以上の男女かつスマホ所有者
有効回答数:事前調査2,288サンプル、本調査600サンプル
期間:2021年7月30日(金)~2021年8月3日(火)

【関連記事】
年末商戦に日米マーケターの約7割がインフルエンサーを起用予定、消費者は懐疑的【Sitecore調査】
MEOの効果を上げるポイントは「間接検索数」と「オーナー投稿」【フルスピード調査】
マーケターの最優先項目は「イノベーションの推進」/この1年で動画の価値が向上【セールスフォース調査】
7割以上のInstagramユーザーが一般人の投稿を参考にすると回答【SAKIYOMI調査】
屋外広告の新宿3D猫はどのような人が見ているのか?【クロスロケーションズ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/17 17:32 https://markezine.jp/article/detail/37319

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング